ゲリヒティクカイト・ブルンネン(正義の噴水)

マーカーはゲリヒティクカイト・ブルンネン(正義の噴水)です。

ゲリヒティクカイト・ブルンネン(正義の噴水・Gerechtigkeitsbrunnen (Bern))
[1543年のハンス・ギーンクの作で、正義の女神が耳目をふさぎ、正邪の判断をする秤を左手に、裁きの剣を右手にかまえている。女神の足下には教皇スルタン皇帝、市長の半身像がある。それぞれ神政君主制貴族制共和制を象徴するといわれる。  (「ベルン旧市街散策(前編): おかねの情報室」より)]

[正義の噴水はベルンのゲレヒティクカイツガッセ(Gerechtigkeitsgasse)にあり、16世紀からのベルン旧市街(Old City of Bern’s)の泉の1つです。
噴水像は目隠しをして王冠を被った正義の女神(Justitia)の像であり、右手で剣を上げ、左手に正邪を測る天秤を持ちます。彼女の足元には教皇、皇帝、スルタン、自治体の長がいます。1543年、八角形の石灰岩の噴水がハンス・ギエン(Hans Gieng)によって作成されました。
正義の象徴的な人物は、繰り返し破壊行為の犠牲者となっています。
●天秤座と剣は1798年に姿を消し、1845年10月に再設置されました。
●1986年、ジュラ州のベリエ(Béliers)の分離主義者グループによって彫像全体が基礎から引き裂かれました
正義の噴水・wikipedia-photo、像詳細・wikipedia-photo]

ゲレヒティクカイツブルネン – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がゲリヒティクカイト・ブルンネン(正義の噴水)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*