シムソン・ブルンネン(サムソンの噴水)

マーカーはシムソン・ブルンネン(サムソンの噴水)です。

シムソン・ブルンネン(サムソンの噴水・Simsonbrunnen)
[ハンス・ギーンクの1544年の作品で、ライオンの口を巨人サムソンがこじあけている。  (ベルン旧市街散策(前編): おかねの情報室」より)]

[サムソンの噴水は、ベルン市のクランガッセ(Kramgasse)にあり、16世紀からのベルン旧市街(Old City of Bern’s)の噴水に属しています。
噴水は1527年に建てられ、1544年に拡張されて、長方形の水盤とハンス・ギエン(Hans Gieng)が作成した噴水像が含まれるようになりました。これは、ローマ人の衣装に身を包んだ聖書の英雄、サムソンがライオンを口でつかんで引き裂く様子を描いています(裁判官の書14:6を参照)。サムソンは16世紀に権力の象徴であり、聖書のヘラクレスと見なされていました。
サムソンは顎髭を生やし(裁判官15、15-17を比較)、肉屋の道具も持っています。この噴水は、肉屋のギルドによって寄付された可能性があります。1687年の肉屋の井戸以来、元々はシャール・ブルネン(シャール(Schaal)は屠殺場のベルベル人の古い名前)と呼ばれ、現在の名前になったのは1827年でした。
噴水と像は1973年にハンス・デュビ(Hans Dubi)のコピーに置き換えられました。
サムソンの噴水・wikipedia-photo]

シムソンブルネン – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がシムソン・ブルンネン(サムソンの噴水)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*