シュッツェン・ブルンネン(射手の噴水)

マーカーはシュッツェン・ブルンネン(射手の噴水)です。

シュッツェン・ブルンネン(射手の噴水・Schützenbrunnen)
[甲冑に身を固めた騎士の姿をしているが、足下の熊がマスケット銃をかまえている。射手の名の由来はこの熊の姿によるのだろう。この噴水もギーンクが1543年に制作したもので、ビールの町のリンク広場にある噴水のお手本になったと考えられている。  (ベルン旧市街散策(前編): おかねの情報室」より)]

[射手の噴水はベルン旧市街(Old City of Bern’s)のマルクトガッセ(Marktgasse)に位置し、ベルンの主要な噴水グループに属します。噴水は1542年から1546年の間に建てられました。
もともと木製の噴水でしたが、1527年に石の噴水に置き換えられました。1543年の噴水像は、ハンス・ギエン(Hans Gieng)制作によるものです。それは装甲砲手ヴェナーを表しています。 彼の右手には、1799年に廃止されたシュッツェン協会(Gesellschaft zu Schützen)の旗が掲げられており、協会はそれ以来、Reismusketen-Schützengesellschaftによって運営されています。像は左手に剣を持っています。像の足下の子熊はマスケット銃でアーバーを狙っています。噴水の元の場所では、クマは射撃クラブのかつての家の入り口を狙っていました。剣は1558年に修理する必要があり、1670年には噴水の柱と基部がベルン大聖堂の職長アブラハム・デュンツ(Abraham Dünz)の指示の下で交換されました。1783-1784年に、噴水と台座が交換されました。1890年と1939年に射手の噴水は2回動かされ、後者は噴水が180度回転し、台座と像の一部が交換されました。2013年4月に噴水が移動したとき、噴水像はひどく破損しており、専門的に修理する必要がありました。
2014年の射手の噴水・wikipedia-photo、「マックス・ファン・ベルケム(Max van Berchem)が撮影した射手の噴水(1898年から1907年の間に作成)」・wikipedia-photo]

シュッツェンブルネン – Google Map 画像リンク

カメラ西方向にシュッツェン・ブルンネン(射手の噴水)があります。

シュッツェン・ブルンネン(射手の噴水)前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*