ツェーリンガー・ブルンネン(ツェーリンゲンの噴水)

マーカーはツェーリンガー・ブルンネン(ツェーリンゲンの噴水)です。

ツェーリンガー・ブルンネン(ツェーリンゲンの噴水・Zähringerbrunnen)
[ベルンの建設者、ツェーリンゲン公ベルトルト5世を記念した噴水で、熊が馬上槍試合をするときの甲冑姿で立っている。  (ベルン旧市街散策(前編): おかねの情報室」より)]

[ツェーリンゲンの噴水は、ベルン市のクラムガッセ(Kramgasse)にあり、16世紀のベルン旧市街(Old City of Bern’s)に属しています。
1535年にハンス・ヒルトブランド(Hans Hiltbrand)によって建てられ、時計塔の下にあります。噴水の現在の名前は19世紀に初めて登場しました。ベルン市の創設者ベルヒトルト・V・フォン・ゼリンゲン(Berchtold V. von Zähringen)を思い起こさせます。
噴水像は、ベルトに2本の剣を持つヘルメットをかぶった立ち熊です。右足には旗が、左足には盾があります。旗じるしと盾は、赤の背景に金色のライオンを示しています。これは、ツェーリンゲン家によって使用された紋章の変種です。大きなクマの足の間に、ブドウをむさぼり食うクマの子が座っています。
ツェーリンゲンの噴水・wikipedia-photo、噴水像・wikipedia-photo]

ツェーリンガーブルネン – Google Map 画像リンク

ツェーリンガー・ブルンネン(ツェーリンゲンの噴水)正面からのカメラです。

ツェーリンガー・ブルンネン(ツェーリンゲンの噴水)後方からのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*