パウル・クレー・センター

マーカーはパウル・クレー・センターです。

パウル・クレー・センター(Zentrum Paul Klee)
[その半生をベルンで過ごしたパウル・クレー作品の約40%にあたる4000点以上所有する大規模な美術館。1940年のクレー死後、彼の作品はベルン美術館に収蔵されていたパウル・クレー財団のコレクションと、クレーの息子であるフェリックス・クレーのプライベートコレクションの2か所に保管されていましたが、2005年6月にオープンした「ツェントルム・パウル・クレー(パウル・クレー・センター)」に、それらの作品を集め、公開することになりました。センターの設計はイタリア人の有名建築家レンゾ・ピアノ。ガラスとスチールを基調にした建物は、3つの波形屋根が特徴的です。また単なる美術館だけでなく、データベースライブラリー、子供ミュージアム、音楽ホールなどの機能を備えた、総合的な文化センターとして、さまざまなイベントやセミナーもおこなっています。光が降り注ぐ、開放的なレストランもあります。  (「パウル・クレー・センター|スイス政府観光局」より]

パウル・クレー・センター – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が、パウル・クレー・センターです。

パウル・クレー・センターのエントランスホールのカメラです。

展示ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*