プファイフェル・ブルンネン(バグパイプ吹きの噴水)

マーカーはプファイフェル・ブルンネン(バグパイプ吹きの噴水)です。

プファイフェル・ブルンネン(バグパイプ吹きの噴水・Pfeiferbrunnen)
[バグパイプ吹きの噴水は、スイスベルンにあるジュピタール通り(Spitalgasse)21近くの噴水です。 ベルン旧市街(Old City of Bern’s)の16世紀の噴水の1つであり、国家的および地域的に重要なスイスの文化財目録(Swiss Inventory of Cultural Property of National and Regional Significance)のリストの一部です。
バグパイプ吹きの噴水は、1514〜46年にスイス・ルネッサンスの彫刻家ハンス・ジーン(Hans Gieng)によって、1514年制作のアルブレヒト・デューラー(AlbrechtDürer)のバグパイプの木版画に基づいて建てられました。もともとは、ガストハウス(ホテルとレストラン)のツム・クロイツ(zum Kreuz)の前に立っていました。1594年、建物はガストホフ・ツム・ストーヒェン(Gasthof zum Storchen)に改名されました。これが、プファイフェル・ブルンネン(Pfeiferbrunnen)の別名ストーヒェン・ブルネン(Storchenbrunnen)につながりました。この別名は、19世紀の終わりまで人気がありました。1874年の改修中に、彫像の背面に銘が刻まれ、柱の像が破損しました。1889年に現在の場所の付近、ラッフルズ(Ruffles)とストルヘンガッシェン(Storchengässchen)の間に移設されました。その後、1919年に現在の場所に移動しました。
バグパイプ吹きの噴水・wikipedia-photo]

プファイファーブルネン – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がプファイフェル・ブルンネン(バグパイプ吹きの噴水)です。
<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*