モーゼス・ブルンネン(モーゼの噴水)

マーカーはモーゼス・ブルンネン(モーゼの噴水)です。

モーゼス・ブルンネン(モーゼの噴水・Mosesbrunnen)
[16世紀のスタイルをとっているが、1790~91年に再建されたものである。注目点はモーゼがさし示す石版の位置である。十戒の第二戒「偶像崇拝の禁止」部分をさし、宗教改革の聖画像破壊を是認しているように見える。  (ベルン旧市街散策(前編): おかねの情報室」より)]

[モーゼブルンネン(モーゼの噴水)は、スイスのベルン旧市街(Old City of Bern’s)にあるミュンスター広場(Münsterplatz)の噴水です。 スイスの国家的重要文化財(Swiss Inventory of Cultural Property of National and Regional Significance)であり、ベルン旧市街のユネスコ世界遺産の一部です。
彫像は1544年にさかのぼります。嵐の被害の後、1790-1791年に再建されました。新古典主義の噴水は、ニクラウス・スプリュングリ(Niklaus Sprüngli)によって設計されました。像は、イスラエルの部族に十戒をもたらすモーゼを表しています。モーセは彼の頭から出ている2本の光線で描かれています。これは出エジプト記34:29-35を表しており、神との出会いの後にモーゼの顔の肌が輝いたことを伝えています。双子の光線は、モーゼが代わりに角を生やしたという長年の伝統から来ています。
古代の文明では、角はほとんど普遍的に権力の象徴と見なされていましたが、数千年後のキリスト教徒にとっては否定的または悪魔的な象徴ではありませんでした。
モーゼの噴水・wikipedia-photo]

モーゼスブルネン – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がモーゼス・ブルンネン(モーゼの噴水)で、カメラ南南東方向がベルン大聖堂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*