ロイファー・ブルンネン(伝令の噴水)

マーカーはロイファー・ブルンネン(伝令の噴水)です。

ロイファー・ブルンネン(伝令の噴水・Läuferbrunnen)
[ハンス・ギーンクの1546年以前の作品で、肩に槍をかつぎ、左手にはスイスの両刀短剣を抱え、腰には書類ケースを巻いている。伝説では、フランス国王の所に使いに出た伝令が、国王からお前はフランス語ができないのかと批判されたことに対し、「あなたはドイツ語がおできにならない」と言い返したという。この大胆不敵な勇気ある言動をたたえた噴水である。  (ベルン旧市街散策(前編): おかねの情報室」より)]

[伝令の噴水、16世紀のベルン旧市街(Old City of Bern’s)の噴水に属し、現在はスイスのベルン市のLäuferplatzにあります。
ハンス・ギアン(Hans Gieng)と彼の仲間によって1545年頃に作成され、元々はニーデッグシュタルデン(Nydeggstalden)の最後の家の前に立っていましたが、1827年に以前は洗面所があった現在の場所に移動しました。17世紀までは、シュタルデンブルンネン(Staldenbrunnen)またはブルンネン・バイ・ウンターン・ゲート(Brunnen beim Untern Tor)と呼ばれていました(ウンタートルブリュッケ(Untertorbrücke)の市のゲートに近いため)。
噴水像は、歩いているためランナーと呼ばれるヘラルド(古代ギリシアの伝令)または高速船を表しています。彼は胸にベルンの街の紋章を、肩にランナーの槍を、背中にランナーのクロスボウを持っています。彼は左手で短い剣の柄を握り、熊の子が前を進みます。熊の子はメッセンジャーとしても同伴されています。
噴水像は1953年のコピーです。オリジナルはベルン市歴史博物館にあります。
伝令の噴水・wikipedia-photo]

レウーファーブルネン – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がロイファー・ブルンネン(伝令の噴水)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*