時計塔

マーカーは時計塔です。

時計塔(Zytglogge)
[塔時計塔はベルンランドマーク中世の塔です。 1218~1220年ごろに建てられた時は、ベルンの西の要塞の門楼として建てられました。その時、時計塔の高さはわずか16メートル(52フィート)のずんぐりした建物でした。要塞の「牢獄塔の門」までの拡大とともに時計塔は、女性の刑務所に改造され、この時、最初の傾斜屋根を受けた。1405年の大火により塔が完全に燃え尽き、徹底修理を必要とされる重篤な構造が被害を受け、1983年に最後の復元後まで完全復元はなされなかった。15世紀初頭には門の上に、音楽のメカニズムを含め簡単な天文時計が設置され、建物の名前にベルンドイツ語の”時鐘”を意味する時計塔とされた。15世紀後半には、時計塔やその他のベルンゲートタワーは拡張された。1527~1530年に精巧な人形が動く天文時計が据え付けられ、1771年に修復された。
時計塔・wikipedia-photo、東側の時計の文字盤・wikipedia-photo、西側の時計の文字盤(一部路面電車のケーブルを含む)。・wikipedia-photo、「1530年に造られたカスパー・ブルナー作の左側の”キャノンボール”振り子。」・wikipedia-photo、「詳細:金めっき釣鐘ストライカーと時の鐘。」・wikipedia-photo、時計塔の構造の改築年代推移図・wikipedia-photo、「1770年の修復後、1830年の西ファサードの絵」・wikipedia-photo]

[「ツィットグロック」の愛称でベルン市民に親しまれている時計塔は、メインストリートのど真ん中で、1218年から800年近く時を刻み続けてきた。1530年には仕掛け時計が設置され、現在も毎分56分から動き始め、大勢の観光客や市民を楽しませてくれる。また有料で塔の内部を見学するツアーがあり(CHF9)、時計の仕掛けを内側から見ることができる(所要時間50分)。時計塔をくぐって進むと今度は「クラム通り」。ここから先が13世紀から栄えてきた本当の旧市街だ。  (「首都ベルンは世界遺産」より)]

Zytglogge – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が時計塔です。

カメラ初期設定方向が西向きの時計塔です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*