熊公園

マーカーは熊公園です。

熊公園
[もともと市の中心部にあったが、現在は郊外に 新設された熊公園があります。1191年にこの街を つくったツェーリング家のベルヒトルト5世が狩で最初にしとめた 動物が熊だったため、そのまま熊が市のシンボルと なっています。名前の由来はドイツ語の熊という意味で、 ベルンと名づけられました。
1857年に初期の熊公園が誕生し、ベルンの人々はそれ以来「熊」を愛し、熊とともに 生活してきたともいえます。 しかしながら近年、施設の老朽化や動物愛護の観点から不当な設備であると 主張する声が高まり、市民や各方面へ寄付を募り、約9億8000万円をかけ、 新しくオープンしています。
新しい熊公園は場所も郊外に移し、動物愛護への懸念も 払拭した施設になっています。旧公園より10倍近く広い、 1万平方メートルの敷地には熊の洞窟が随所に設けられ、 近くを流れるアーレ川では熊が水浴もできるように なっています。まるで、熊のリゾート地のようです。 街のアイドル的存在になっている2匹の熊が 水辺で戯れるほのぼのとした光景が見る人の心を 癒します。   (「スイス-観光マップ/ベルン-熊公園」より)]

ベーレングラーベン – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が熊公園です。

熊公園内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*