連邦広場

マーカーは連邦広場です。

連邦広場(Bundesplatz)
[広場は、1255~1260年にの2番目の拡張中に建設されたインナーノイシュタットの一部ですが、かなり後になるまで構築されず、1765年に広場が建設された。2003年には前を整備し「連邦広場(Bundesplatz)」として有名な観光名所となっている。2006年にアメリカ建築家協会による都市設計のための栄誉賞を受賞した。広場には、噴水があり、立ち上がる26の水柱は、スイスの26の州と準州をあらわしている。
ベルンの旧市街地図(朱色の部分が連邦広場です。)・wikipedia-photo、北から南方向を見た連邦広場・wikipedia-photo]

ゼラニウム・マーケット
[窓や玄関などを彩るゼラニウム。スイスを代表する花風景のひとつですが、とくに世界遺産ベルン旧市街に残る歴史的な石づくりの建物や装飾的な泉(井戸)に飾られた花の色がよく映えるベルンは、ゼラニウムの町としても有名です。1937年からベルンでは毎年、市民を対象にバルコニーの花の美しさを競うコンテスト『ベルン・イン・ブルーメン(花のベルン)Bern in Blumen』が開催されていることもあり、市内各所でよく手入れされたバルコニーフラワーをみかけます。そんなベルンで春の風物詩となっているのが、5月初めの『ゼラニウム・マーケット(ゼラニウム市)』。1957年から約50年つづく伝統の季節市です。園芸家たちが創意工夫の末、改良されたオリジナルの品種なども登場しますが、いつも一番人気は、あざやかな赤色が印象的な品種でその名も”ベルン・インプレッションBern Impression”。そのほか約30種、12000株のゼラニウムが、早朝から連邦議事堂前の広場「ブンデスプラッツBundesplatz」に並びます。バルコニーの花コンテストの審査は夏におこなわれるので、事実上のコンテストは、このゼラニウム市からスタート。春の訪れとともに、花の季節を楽しみにしてきた多くの市民たちでにぎわいます。  (「ゼラニウム・マーケット(ゼラニウム市) 【2008年5月7日】」より)」

ツィベレメリット(タマネギ市)
[1405年のベルンの大火の際、救援を手伝ってくれたお礼に、近隣の農民に農作物を売る権利を与えたことに由来するベルンの市。最初の市場は1439年に開かれたといいます。19世紀の半ばから、この時期にフリブール州の農家が冬に備えて山のようなタマネギをヒモでつないで販売したことにはじまり、今では、周辺の農家から運ばれる約50トンのタマネギや陶器の鍋やパンなどの市場を数百人が訪れるベルン名物の冬祭りとなっています。祭りの名前であるツィベレメリット Zibelemäritとは、標準ドイツ語で“タマネギ”を意味するツィーベルZwiebelと“マーケット(市場)”を意味するマルクトmarktを、ベルンの方言で表したもの。旧市街の広場で、暖かいグリューヴァインGlühwein(スパイスが入ったホットワイン)でも飲みながら、600年という長い伝統のタマネギ市をのぞいてみてはいかがでしょう。  (「ベルン伝統のタマネギ市『ツィーベレメリット Zibelemärit』」より)]

Fountain Bern – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が花・野菜市場開催中の連邦広場で、広場右方向に連邦院があります。

連邦広場は一部噴水広場になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*