スウェーデン国立美術館

マーカーはスウェーデン国立美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「スウェーデン国立美術館

スウェーデン国立美術館
[スウェーデンの国立美術館(Nationalmuseum)は、首都ストックホルムにある。寄贈者である国王グスタフ3世 (スウェーデン王)およびカール・グスタフ・テッシン(Carl Gustaf Tessin)による印象的な美術コレクションを誇る。美術館は1792年にKonglig Museum(王立美術館)として設立されたが、現在地の建物は1866年に開館した。Nationalmuseumの名が与えられたのは、この時であった。今日の所在地自体が印象的である。現在の建物は、フィレンツェヴェネツィアルネサンス建築にならった様式で造られている。15~20世紀の画家、特にスウェーデンの代表的な画家アンデシュ・ソーンカール・ラーションの絵画を多く集めています。このほかレンブラント、数は少ないですがエドガー・ドガポール・セザンヌエル・グレコの作品も展示されています。
「スウェーデン国立美術館 – 王宮側から撮影。手前はノール運河。」・wikipedia-photo、国立美術館は夜にはライトアップされる・wikipedia-photo、「国立美術館3階に展示されている、フランスの画家フランソワ・ブーシェによる『ヴィーナスの凱旋』。テッシンがブーシェに制作を依頼し1,600リーブルで買い上げた。この作品をきっかけにテッシンは一時期ブーシェのパトロンとなった。」・wikipedia-photo  (wikipedia・スウェーデン国立美術館より)]

Nationalmuseum – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がスウェーデン国立美術館です。

スウェーデン国立美術館エントランスのストリートビューです。

カール・ラーション作『真冬の犠牲(Midwinter’s Sacrifice)』

フランソワ・ブーシェ作『ヴィーナスの凱旋』(制作年 1740)

カメラ南東方向がアンデシュ・ソーン作『真夏のダンス(Midsummer Dance)』(1897年)、カメラ南西方向がハンナ・ハーシュ・パウリ(Hanna Hirsch-Pauli)作 『朝食の時間(Breakfast Time)』(1887年)です。

カール・グスタフ・ピロ作『グスタフ3世の戴冠式(The Coronation of King Gustav III of Sweden)』(1782/1793年)

カメラ南西方向ピーテル・パウル・ルーベンス作、左『金星の礼拝(Worship of Venus)』(1630年代)、右が『アンドリアン(The Andrians)』(1635年 – 1638年)

カメラ北東方向中央・レンブラント・ファン・レイン作、左『クラウディウスシビリスのもとでのバタビア人の陰謀(The Conspiracy of the Batavians under Claudius Civilis)』(1661/1662年)、右『キッチンメイド(The Kitchen Maid)』(1651年)

レンブラント・ファン・レイン作『自画像(Selfportrait)』(1630年)