ストックホルム市庁舎

マーカーはストックホルム市庁舎です。

ストックホルム市庁舎
[ストックホルム市庁舎は、スウェーデンの首都ストックホルムの市庁舎である。ノーベル賞の記念晩餐会が行われる場所であり、ナショナル・ロマンティシズム建築の傑作としても知られる。建築家ラグナル・エストベリの設計により、1909-1923年に建設された。メーラレン湖に面した立地で、ヴェネツィアドゥカーレ宮殿(総督館、Palazzo Ducale)を意識し、さらにヨーロッパ各地の名建築からインスピレーションを受けた折衷的なデザインである。内部ではノーベル賞の晩餐会が行われる青の間、パーティーが行われる黄金の間が有名である。イギリス建築にも大きな影響を与えたと言われ、日本でも早稲田大学大隈講堂にその影響が見られる。
ストックホルム市庁舎・wikipedia-photo  (wikipedia・ストックホルム市庁舎より)]

ストックホルム市庁舎 – Google Map 画像リンク」「Birger Jarls kenotaf – Google Map 画像リンク」「青の間 – Google Map 画像リンク」「Stockholms stad Personalstrategiska avdelningen – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向が、ストックホルム市庁舎です。

ストックホルム市庁舎南側のカメラです。

ストックホルム市庁舎中庭のカメラです。

ストックホルム市庁舎「青の間」のカメラです。

ストックホルム市庁舎「黄金の間」のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*