ストックホルム市立博物館、スルッセン駅

マーカーはストックホルム市立博物館です。

ストックホルム市立博物館(Stockholms Stadsmuseum)
[ストックホルム市立博物館はストックホルムの歴史と、人々がストックホルムでどのように暮らしを営んできたのかに焦点を当てた博物館です。ストックホルムの中心地ソーデルマルムにある歴史ある美しい建物全体が博物館になっています。建物そのものもストックホルムの歴史と深い関わりがあるので、是非どんな作りになっているのかじっくり見て来て下さい。
ストックホルムという一つの街がテーマの博物館ですが、展示物は多岐に渡りストックホルムに関係するありとあらゆるものが展示されています。例えば、ほんの数年前までストックホルムのセントラル駅で何十年も演奏を行っていた女性の展示。実際に使っていたピアノと彼女の実際の演奏が聴けるように展示がされています。
実は博物館としては展示物がいろいろな場所にあるので少しわかりづらい作りになっていますが、それもまた魅力の一つと思って楽しんで頂けたらと思います。博物館にやって来た子供たちの為に低い位置にも展示があり、プレイルームもあるのでお子さんと一緒に楽しみながら学ぶ事のできる博物館です。  (「Stockholms Stadsmuseum(ストックホルム市立博物館 … 」より)]

[ストックホルム市博物館は、ストックホルムの歴史に関連する資料を発明、文書化、収集、提示するストックホルムの博物館です。博物館は、セーデルマルム(Södermalm)のリスゴーデン(Ryssgården)にある旧市庁舎の敷地内にあり、常設および一時的な展示を行っています。博物館は、以前はストックホルム市博物館と呼ばれていましたが、2013年にストックホルムの市博物館に名前を変更しました。
市立博物館は1937年に設立され、1942年に一般公開されました。市立博物館を設立したのは、リダーホルム船(Riddarholmsskeppet)の発見でした。現在、スウェーデン最大の市立博物館であり、30万点のオブジェクト、25,000点の芸術作品、350万点の写真などのコレクションを管理しています。
2015年1月12日、博物館は改装のため閉鎖され、2019年4月27日に再開されました。
建物は1663年に建設され始めました。図面はストックホルムの都市建築家、ニコデモ・テッシンd.ä(Nicodemus Tessin d.ä)によって作成されました。 それは、国際貿易の本部である一般工場オフィスとして意図されていましたが、早くも1669年には終わり、1676年にはセーデルマルムの市庁舎と呼ばれていました。
2007年1月1日の時点で、市立博物館は文化行政の一部であり、中世博物館およびストックホルムの出版社と並んでいます。
市立博物館では、講義、演劇、その他のイベントを開催しています。博物館には、2つの講義室と会議室「テッシンホール(Tessinsalen)」(最大80人まで)と「ベルマンルーム(Bellman room)」(最大16人まで)があります。 部屋はレンタルできます。テッシンホールでは、17世紀の終わりから18世紀の初めに、死体の解剖のための解剖学的な劇場がありました。
博物館では、ストックホルムに関連するさまざまなテーマに基づいて、スウェーデン語と他の言語の両方で市内散策を開催しています。研究とアーカイブの検索のために、サロンは一般公開されており、訪問者は博物館の写真、地図、文学、都市の建物に関する情報を検索できます。博物館の文化的環境機構は、考古学および建築史の問題に関する州の専門機関です。ストックホルムの情報源では、市立博物館はアーカイブ資料、特に写真を厳選して公開しています。
「Hornsgatanから見た都市博物館の建物、2019年。」・wikipedia-photo、「2019年、市立博物館の入り口(左)と中庭」・wikipedia-photo、「南部市庁舎、1691年からの銅の彫刻。」・wikipedia-photo、入り口とお店・wikipedia-photo、メイン階段・wikipedia-photo、サロンの廊下・wikipedia-photo、サロン・wikipedia-photo、Sevenbomsalen・wikipedia-photo]

Stockholm City Museum – Google Map 画像リンク

エリックス・ゴンドーレン展望デッキ上から見たストックホルム市立博物館

カメラ西南西方向がストックホルム市立博物館で、カメラ南南西方向にストックホルム地下鉄スルッセン駅口(Slussen)があります。

カメラ位置はHornsgatanで、カメラ東南東方向がストックホルム市立博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*