ハッリウィル博物館

マーカーはハッリウィル博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ハッリウィル博物館

ハッリウィル博物館
[ハッリウィル博物館は、元々はハッリウィル伯爵夫妻のための邸宅として、1893年から1898年までの期間に造られた建物なのだが、伯爵婦人が世界中を旅行して美術品を蒐集し、その後、1920年にスウェーデンの国家に寄贈されたものである。  (「クラシック音楽の小窓 – BLOGari – ZAQ」より)]

[ドア、天井、壁、床などに華麗で贅沢な内装が施されているハッリウィル博物館。ハッリウィル伯爵夫人の館であったハッリウィル博物館は、1897年に建てられた。逸品揃いのコレクションの他、当時は最新の設備だった温水システムやエアコンにも注目。アクセスは、エステルマルムストーリー駅から徒歩5分。見学はガイドツアーでのみ可能となっているようだ。  (「ストックホルム – 自然と文化を北欧に見に行こう」より)]

[ハッリウィル博物館(スウェーデン語:Hallwylska museet)は、ストックホルム中心部の歴史的なHallwyl Houseにあるスウェーデン国立博物館で、ゼルゲル広場に面したハムンガタン(Hamngatan) 4にあります。この家はかつてヴァルター・フォン・ハルヴィル(Walther von Hallwyl)伯爵と夫人に属していましたが、1920年にスウェーデンの州に寄付され、最終的に博物館になりました。 1938年に、博物館が正式にオープンしました。
Hallwyl House(スウェーデン語:Hallwylska palatset)は、ヴァルター・フォン・ハルヴィル伯爵と彼の妻ヴィルヘルミナ(Wilhelmina)のために、イサク・グスタフ・クラソン(Isak Gustaf Clason)の設計により1893年から1898年に建てられました。 伯爵の事務所と伯爵夫人の大規模な芸術コレクションを収容するために建設されました。ヴィルヘルミナとヴァルター・フォン・ハルヴィルも冬の間そこに住んでいました。 建物と裁判所の外観は、中世の建築要素とルネサンスヴェネツィアから建築要素を借用した歴史的なスタイルですが、電気、セントラルヒーティング、電話、バスルームなど、完成時にはまったく近代的でした。エレベーターは後で追加されました。
伯爵夫人は博物館を設立するために世界中を旅して作品を収集し、その結果、宮殿は彼女の死の10年前の1920年にスウェーデンの州に寄付されました。かつて住んでいた多くの部屋を含む博物館は、1938年に一般公開されました。
ホールウィルハウスは、変更されないままであることを条件に、スウェーデンの州に寄付されました。現在、この家は、フォン・ハルウィル伯爵夫人が家を寄付したときと同じように保存されています。博物館には、当時のストックホルムの貴族のライフスタイルを垣間見ることができる、スウェーデンのビクトリア時代後期の保存された部屋があります。
そこに収容されているハッリウィル・コレクション(Hallwyl Collection)には、約50,000個のオブジェクトが含まれています。
ハッリウィル博物館 2011年11月・wikipedia-photo、シルバールーム・wikipedia-photo、ギャラリー・wikipedia-photo、キッチン・wikipedia-photo、喫煙室・wikipedia-photo、博物館でのクリスマス・wikipedia-photo、ダイニングルーム・wikipedia-photo]

The Hallwyl Museum – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がハッリウィル博物館です。

ハッリウィル博物館エントランスのストリートビューです。

シルバールームのストリートビューです。

喫煙室のストリートビューです。

ダイニングルームのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*