モヴィッズ(Movitz)

マーカーはモヴィッズ(Movitz)です。

モヴィッズ(Movitz)
[17世紀に使用されていた民家の地下倉庫を改装したレストラン。洞窟のような店内はロウソクの明かりで照らされ、雰囲気バツグン。メニューは伝統的なスウェーデン料理がメイン。おすすめはシーフードの盛り合わせ(Symphony Movitz)285SEK。  (「ぐるなび海外編ヨーロッパ – モヴィッズMovitz」より)]

[一人旅の悩むことは、食事のこと。いくら美味しいお店に行っても、一人だとつまらないし、ちょっとおしゃれなお店でも、一人だと入りにくい。でも、今回スウェーデンに来た印象は、ご当地の人達はとても親切で観光客へ友好的です。スウェーデン人にはスウェーデン語が母国語ですが、タクシー運転手も、スーパーの店員も、マックの若いバイトの女の子も、誰でも英語が出来るし、英語が母国語のアメリカ人よりも分かりやすいしゃべり方で英語を話してくれる。
それでは、一人でレストラン食事を挑戦してみます。ガイドブックに載ってる「スウェーデン料理」のお店に入ります。地下一階なので、外から様子を見れません。入ったら、あれれれ?他に客は誰も居ませんよ。店員さんへ「一人のテーブルを案内してもらえますか?」と聞きました。店員さんもさすがに少しびっくりの表情を見せた。それでも、「いいですよ。」と親切に小さいテーブルを案内してくれた。店員さんは私の不安を見破って、「あのね、これから沢山のお客が入る予定ですよ」と言いました。少し落ち着いて、お勧めの「本日のコース」というのを注文しました。のそのとき、いきなりアメリカの大学生の団体がにぎやかにお店に入りました。  (「ストックホルム Movitz(モヴィッズ) – DAYS OF LIFE – Yahoo!ブログ」より)]

Movitz Pub & Restaurang – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がモヴィッズ(Movitz)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*