リッダルホルム教会

マーカーはリッダルホルム教会です。

リッダルホルム教会(Riddarholmen Church)
[1270年に建造された、歴代国王が眠る歴史深い教会。1634年にグスタフ2世アドルフ王がここに埋葬され、以来王室の菩提寺になっている。かつてはフランシスコ会の修道院であったのが、改築されゴシック建築の教会となったもので、高くそびえたつ素晴らしい尖塔が特徴。ガムラスタン(旧市街)のあるスタッツホルメン島の西、リッダーホルメン島にヴランゲル宮殿とともに位置している。大聖堂とともに、ストックホルムで最も古い教会のひとつ。  (「リッダルホルム教会 海外観光 – OCN 旅行」より)]

[リダーホルム教会(スウェーデン語:Riddarholmskyrkan)は、スウェーデンストックホルムにある中世の修道院の教会です。 教会は、ほとんどのスウェーデンの君主の最後の安息の場所として機能します。リダーホルム教会は、スウェーデンのストックホルムにある王宮(ストックホルム宮殿)に近いリダーホルメン島(Riddarholmen)にあります。会衆は1807年に解散し、今日では教会は埋葬と記念目的にのみ使用されています。グスタフ2世アドルフ(1632年)からグスタフ5世(1950年)までのスウェーデンの君主がここに埋葬されています(唯一の例外:ローマサンピエトロ大聖堂に埋葬されているクリスティーナ女王(在位:1632年 – 1654年))。初期の君主マグヌス3世(Magnus III of Sweden・1290年)とカール8世(1470年)も同様です。王立墓地設立のために王室の埋葬地として廃止され、現在はスウェーデン政府と王室の部門によって運営されています。
建物は、ストックホルムで最も古い建物の1つであり、その一部はフランシスコ会修道院として建てられた13世紀後半まで遡ります。宗教改革の後、修道院は閉鎖され、建物はプロテスタント教会に変わりました。フランドルの建築家ウィレムボーイ(1520–1592)が設計した尖塔は、ヨハン3世(在位:1568年 – 1592年)の治世中に追加されましたが、1835年7月28日の落雷で破壊され、その後現在の鋳鉄製の尖塔に置き換えられました。
セラフィム王立騎士団(Royal Order of the Seraphim)の紋章は教会の壁にあります。騎士団の騎士が死ぬと、騎士団の紋章が教会に掛けられ、葬儀が行われると、教会の鐘が12:00から13:00まで止まらずに鳴ります。
リッダルホルム教会・wikipedia-photo、教会インテリア・wikipedia-photo]

リッダーホルム教会 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がリッダルホルム教会です。

カメラ初期設定方向がリッダルホルム教会正面です。

リッダルホルム教会正面ゲート前のカメラです。

リッダルホルム教会内陣前のカメラです。

リッダルホルム教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*