ストックホルム大聖堂

マーカーはストックホルム大聖堂です。

ストックホルム大聖堂(Storkyrkan)
[Storkyrkan(スウェーデン語:[ˇstuːrˌɕʏrkan]、「The Great Church」)、正式に聖ニコライ教会(Sankt Nikolai kyrka)と呼ばれ、非公式にストックホルム大聖堂(Stockholms domkyrka)と呼ばれる、スウェーデンストックホルム中央の旧市街ガムラ・スタンの最も古い教会です。もともとストックホルムの主要教区教会でしたが、現在は1942年にストックホルム主教区が設立されて以来、スウェーデン教会内のストックホルムのルーテル司教の座としても機能しています。スウェーデンのブリック・コシック(Brick Gothic)の重要な例です。 王宮(ストックホルム宮殿)の隣に位置し、王宮への主要なアプローチであるスロッツバッケン(Slottsbacken)の西端を形成し、StorkyrkobrinkenHögvaktsterrassen、トレングスンド(Trångsund)の通りはそれぞれ北と西を通ります。教会の南には、ストックホルム証券取引所ビル(Stockholm Stock Exchange Building)があり、ストールトルゲット広場に面しており、スウェーデンアカデミー、ノーベル図書館、ノーベル博物館があります。
ストックホルム大聖堂は1279年に書かれた情報源で最初に言及され、伝説によると、現在のスウェーデンの首都ストックホルムの基礎を建設したビルイェル・ヤールによって建てられました。400年近くにわたり、この教会は市内で唯一の教区教会であり、リッダルホルム教会などの他の同等の古代の教会はもともと宗教コミュニティの精神的なニーズに応えるために建設されました。1527年にルーテル教会になりました。ニコライ教区の中世からの教区教会は、旧市街のある島全体をカバーし、また、ストックホルム主教区が1942年にウプサラ(Uppsala)大司教区とストレンゲス(Strängnäs)主教区から設立されて以来、ストックホルムの大聖堂となっています。その便利なサイズと、以前の王宮と現在の王宮に近いため、戴冠式、王室の結婚式、王室の葬儀など、スウェーデンの歴史の主要なイベントの場所でした。ここで最後に戴冠したスウェーデンの王は、1873年のオスカー2世(在位:1872年 – 1907年)でした。カール16世グスタフ(在位:1973年9月15日 – )とシルビア女王の長女であるヴィクトリア皇太子は、1976年のストックホルム大聖堂での両親の結婚の記念日である2010年6月19日、ストックホルム大聖堂でダニエル・ベストリングと結婚しました。
聖ニコラス大聖堂教会・wikipedia-photo、ストックホルム宮殿とスロッツバッケンに面した東側のファサード・wikipedia-photo聖ゲオルギオスとドラゴン・wikipedia-photo]

ストックホルム大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がストックホルム大聖堂です。

ストックホルム大聖堂前室のストリートビューです。

ストックホルム大聖堂拝廊のストリートビューです。

ストックホルム大聖堂内陣前のストリートビューです。

ストックホルム大聖堂祭壇前のストリートビューで、カメラ北北西方向に聖ゲオルギオスとドラゴンがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*