王立公園

マーカーは王立公園です。

王立公園
[18世紀末までは宮廷庭園として、王族や貴族の散策の場であった。1953年に市の700年祭を祝う記念行事として整備され、今ではにぎやかな公園として親しまれている。
園内にはふたつの銅像が建っており、北がカール13世(在位:1809年 – 1818年)、南がカール12世(在位:1697年 – 1718年)だ。夏にはさまざまなイベントがあり、野外ステージではコンサートが開かれ、野外劇が上演される。卓球やチェスに興じている人がいたりと、市民の憩いの場になっている。ベンチに座って人々を眺めているだけで飽きない。また両側の菩提樹の並木道は絶好の散策コースになっている。冬になると人工スケート場がオープンする。  (「地球の歩き方 – ストックホルム エステルマルム地区周辺」より)]

ストックホルムのフードフェスティバル
[毎年、この時期になると市内の王立公園(Kungsträdgården/クングストレードゴーデン)で開催されるフードフェスティバルがSmaka På Stockholm(英語名:A Taste of Stockholm)です。21年目を迎える今年(2012年)は6月1日から6月6日までの6日間の開催予定。スウェーデンの最も美しい季節に青空の下おいしい料理やお酒が楽しめるのがこのイベントの魅力なのにストックホルムはここ最近、梅雨かと思うほどの雨続き。そんな雨雲の合間を縫ってSmaka På Stockholmに行ってきました。公園内にはストックホルム市内のレストランのテントがずらりと並び、公園の中央に位置する普段は噴水のスペースはテーブルが設置されています。  (「KOKEMOMO Sweden: ストックホルムのフードフェスティバル」より)]

王立公園 – Google Map 画像リンク」「Kungsträdgården – Google Map 画像リンク」「Molins fountain – Google Map 画像リンク」「エルムス王立公園 – Google Map 画像リンク」「Kungsträdgården Scen – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が王立公園の噴水広場で、カメラ東方向が冬にスケートリンクとなる広場です。広場中心にはカール13世像がある。

カメラ位置は王立公園中心にある噴水で、カメラ北東方向のステージではコンサート等のイベントが開催される。

カメラ北北西方向がカール12世像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*