騎士の家

マーカーは騎士の家です。

騎士の家(Swedish House of Knights)
[オランダ・バロック建築の貴族の館は、1641年~1672年にかけて建造され、両側のウィングは1870年に完成しました。建物前にある銅像は、16世紀半ばのグスタフ・ヴァーサ国王のもので、大砲を溶かして作ったものだそうです。貴族の館ホールでは、1668年以降、貴族階級による初の議会がここで行われました。現在は3年ごとに貴族会が開かれ、騎士団や貴族が集まるそうです。ホール中心にある台座に置かれた元帥の椅子は、ドイツリューベック市から献上されたものです。ホールの壁には、ここでデビューした伯爵、男爵などの家紋を銅板に描いた楯が2,300個以上も掛けられていました。現在まで存続しているのは、このうち4分の1程度だそうです。  (「憧れの北欧旅行⑤(2011年7月)/ストックホルム市庁舎&旧市街散策編」より)]

[スウェーデンストックホルムにある騎士の家(スウェーデン語:Riddarhuset)は、スウェーデンの貴族に代わって記録を保持し、利益団体として活動する企業および建物です。
騎士(スウェーデン語:riddare)はスウェーデンの貴族の上位階級に属し、時には(スウェーデン語:Greve)および男爵(スウェーデン語:friherre)としてのタイトルも持つため、この名前は文字通り騎士団と訳されています。また、すべてのエスクァイアは会社に代表されています(ほとんどの家族は無題の貴族と呼ばれ、スウェーデン語:obetitlad adel)。
17世紀から19世紀にかけて、貴族院はリクスダグの地所(Riksdag of the Estates)であり、そのため、スウェーデンの英国貴族院に相当しました。
18世紀には、建物は公共のコンサートによく使用されました。 1731年から、クングリガ・ホフカペレット(Kungliga Hovkapellet)によって公演が行われました。
1866年以降、旧国会議事堂が新しいスウェーデン議会に置き換えられたとき、スウェーデン貴族院はスウェーデン政府によって規制されるスウェーデン貴族の準公式の代表機関としての役割を果たしました。2003年以来、スウェーデンの貴族に代わって記録を保持し、利益団体として活動する民間機関であり、その主な目的は古い伝統と文化を維持することです。
「貴族の家、南ファザード、スウェーデンのグスタフ1世(在位:1523年 – 1560年)の像。碑文:CLARIS MAIORUM EXEMPLIS、「先祖の明確な例の後」。」・wikipedia-photo、「スウェーデンの貴族院、北ファサード、アクセル・オクセンティエナ(Axel Oxenstierna)の像。」・wikipedia-photoペディメントwikipedia-photo]

貴族の館 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が騎士の家です。

カメラ南方向が騎士の家です。

騎士の家ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*