カメルゼル邸(maison Kammerzell)

マーカーはカメルゼル邸(maison Kammerzell)です。

カメルゼル邸
[カメルゼル邸(maison Kammerzell)は、大聖堂広場の角に1589年に建てられた4階建てのルネサンス様式の建物。凸面ガラスの窓と、彫像や装飾が施されたハーフティンバー様式の外壁が特徴となっている。  (wikipedia・ストラスブールのグラン・ディルより)]

カメルツェルの家(Maison Kammerzell)
[大聖堂を背後にして右手には、ストラスブールで最も美しい家、75枚の窓と豪華な装飾を持つ15世紀建築4階建てのカメルツェルの家がひっそりと佇みます。装飾は、中世時代、ギリシャ・ローマ時代、聖書の一部などのシーンを掘り込んだものです。  (「ストラスブール観光|あるざすかい」より)]

メゾン・カメルツェル – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向角の建物がカメルゼル邸(maison Kammerzell)で、その右に観光案内所があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*