アストゥリアス考古学博物館

マーカーはアストゥリアス考古学博物館です。

アストゥリアス考古学博物館
[8世紀始め、アストゥリアスはイスラム教徒に征服されたが、すぐに伝説的な王ペラーヨによってキリスト教徒に奪回された。761年ごろ、修道院長マクシムスはオビエドに修道院を建てた。8世紀末のアストゥリアス王アルフォンソ2世西ゴート王国の後継を自負し、オビエドを都としてアーヘントレドを模した宮廷・教会組織を作り、司教座を創建し、都を教会や修道院で飾った。914年、アストゥリアス王国は都をレオンへ遷した。これ以降は、レオン王国と呼ばれ、のちにアストゥリアスはカスティーリャ王国スペイン王国の一部となった。オビエドはアストゥリアス革命とスペイン内戦で破壊され、古い町並みはあまり残されていない。大聖堂は内戦後に再建されたものである。世界遺産となっているアストゥリアス王国時代の教会は郊外にあり、訪れるにはバスを使う。アストゥリアス考古学博物館は、先史時代からアストゥリアス王国時代の遺品を収蔵する。]

カメラ西北西方向がアストゥリアス考古学博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*