アルフォンソ2世広場

マーカーはカメラ位置です。

アルフォンソ2世広場
[711年(または712年)、グアダレーテの戦い(英語版)でアストゥリアスはイスラム教徒に征服された。722年のコバドンガの戦い(英語版)でアストゥリアス王国の伝説的な王ペラーヨがアストゥリアスを奪回し、カンガス・デ・オニスにキリスト教徒の拠点を確保した(最初のレコンキスタ)。
761年ごろ、修道院長マクシムスはオビエドに修道院を建てた。8世紀末のアストゥリアス王国アルフォンソ2世西ゴート王国の後継を自負し、オビエドを都としてアーヘントレドを模した宮廷・教会組織を作り、司教座を創建し、都を教会や修道院で飾った。
914年、アストゥリアス王国は都をレオンへ遷した。これ以降は、レオン王国と呼ばれ、のちにアストゥリアスはカスティーリャ王国スペイン王国の一部となった。  (wikipdia・オビエドより)]

カメラ東北東方向がアルフォンソ2世広場です。

カメラ北北東方向がアルフォンソ2世広場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*