カマラ・サンタ・デ・オビエド

マーカーはカマラ・サンタ・デ・オビエドです。

カマラ・サンタ・デ・オビエド
[9世紀、アルフォンソ2世が造らせた宮廷内の礼拝堂「神聖な部屋」で、現在はサン・サルバトル大聖堂の一部になっている。建築様式はプレ・ロマネスク様式。 1998年12月に、ユネスコの世界遺産に指定された。オビエドとその周辺はイスラムに征服されなかったので、、西ゴート王国の様式を受け継いだ8~10世紀の建築物が残っている。アストゥリアス王国時代の教会は、プレ・ロマネスク様式と呼ばれ、後にヨーロッパ聖堂建築の一時代を築くロマネスク様式の先駆けとなった。  (「海外旅行DIYの勧め: オビエド 世界遺産プレ・ロマネスクの教会」より)]

[アルフォンソ2世が創建した礼拝堂(トレドからの聖遺物や宝物を納めるため)~12世紀にロマネスク様式で改築~1934年の10月革命で爆破されたが収蔵品は無事~復元された礼拝堂(下層は9世紀)。身廊に6対の円柱(12使徒の彫像~マッテオ作)  (「アストゥリアス・カンタブリア ロマネスク紀行」より)]

[礼拝堂外壁側面の写真・wikipedia-photo、礼拝堂後方からの写真・wikipedia-photo、内部壁南側・wikipedia-photo、内部壁北側・wikipedia-photo、「天使の十字架を背景に、オビエドの聖骸布。」・wikipedia-photo]

カマラ・サンタ・デ・オビエド – Google Map 画像リンク

カマラ・サンタ・デ・オビエド内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*