エル・パニュエロ

マーカーはエル・パニュエロです。

エル・パニュエロ
[アルバイシンは、ダーロ川を挟んで、アルハンブラ宮殿の西側に位置する。アルバイシンは白壁の家と石畳で構成されており、この地区には、アラブ式の浴場(ハンマーム)、グラナダ考古学博物館、モスクのあとに建設されたサン・サルバドール教会が残る。  (wikipedia・アルバイシンより)]

[11世紀に建築されたスペインに残る重要なイスラム浴場のうちの一つである。イスラム時代グラナダにおいてもっとも古い建築で、アルハンブラ宮殿よりも何世紀も前に建てられたものである。15世紀、アルハンブラ宮殿やグアディクスの門の建設されたずっと後にはバニョス・デル・ノガル(クルミの木の風呂)と呼ばれていた。平面図は四角形でローマ様式の柱や柱頭がある。中には西ゴート王国カリフの時代のものもある。半円筒の丸天井には素晴らしい星型の明かり取りの窓がある。浴場は色々な部屋に分けられており、玄関ホール、休憩室、暖かい部屋、暑い部屋、ボイラー室がある。20世紀に修復され国家遺産とされている。  (「Monumental japones 2005」より)]

El Bañuelo – Google Map 画像リンク

カメラ西方向のドアがエル・パニュエロの入り口です。

エル・パニュエロ内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*