グラナダ考古学博物館

マーカーはグラナダ考古学博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「グラナダ考古学博物館

グラナダ考古学博物館
[グラナダ考古学博物館はスペイングラナダアルバイシン地区にある考古学博物館です。博物館は16世紀からあるカストリル(Castril_palace)宮殿で、Carrera del Darro(カレラ デル ダロ)41に位置しています。博物館はグラナダで発掘されたカルタゴ、フェニキア、ローマとアラブを含む多くの異なる文明の遺跡を展示している。博物館には美しいルネッサンス様式の中庭があり、博物館のファサードの建築は1593年にさかのぼる。
カストリ宮殿のポータル・wikipedia-photo、博物館のパティオ・wikipedia-photo  (wikipedia・Archaeological Museum of Granadaより)]

[家主であったエルナンド・デ・サフラの子孫であるカストリル貴族にちなんでカストリルの家と呼ばれる。グラナダのルネッサンス様式の
もっとも素晴らしい宮殿である。現在は考古学博物館となっている。ディエゴ・デ・シロエ(Diego de Siloé)作のプラテレスコ様式の入り口には、美しい彫刻やコマレスの塔の再現であるかのようなドーリア式の柱がある。大きなバルコニーには柱の形をした壁、帆立貝の装飾が施され、ムデハル様式の独特な建物を代表する。中庭には大理石の柱の土台をもつ半円のアーチがあり、探索するにはもってこいの地である。  (「Monumental japones 2005」より)]

カメラ北西方向がグラナダ考古学博物館です。

グラナダ考古学博物館中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*