サンタ・イサベル・ラ・レアル修道院

マーカーはサンタ・イサベル・ラ・レアル修道院です。

サンタ・イサベル・ラ・レアル修道院
[この修道院は当初イサベル女王によってアルハンブラ宮殿内に設立される予定だった。イスラムの王たちの旧宮殿に1507年に修道女が引っ越してきた。そして、16世紀その地に修道院を建設した。アンダルシーの時代の遺産から、教会の身廊を覆うムデハル様式の枠組みはグラナダでもっとも古く美しいものである。聖水を入れる水盤はイスラム時代のものである。格天井にゴシック様式が堂々と姿を現している。それはまるで急斜面になったイギリスの家の天井のようだ。祭壇画には色が塗られ、聖人の彫刻像などが飾ってありとても素晴らしい。建物の内部にはペドロ・デ・メナやボカネグラなどの芸術家の作品が掲げてある。そして彫刻家、ベルナルド・フランシスコ・デ・モーラの墓が横たわる。  (「Monumental japones 2005」より)]

カメラ北方向がサンタ・イサベル・ラ・レアル修道院門です。

サンタ・イサベル・ラ・レアル修道院門内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*