アルモドバル門

マーカーはアルモドバル門です。

アルモドバル門
[いわゆるアルモドバル門と言われている、コルドバにある城壁のキャンバスの西門の一つを構成する、Bab al-Chawzと呼ばれる後ウマイヤ朝の門である。門外の庭園に第5代ローマ皇帝ネロの幼少期の家庭教師としても知られ、また治世初期にはブレーンとして支えた。ストア派哲学者としても著名である、ヒスパニア・バエティカ属州の州都コルドバで生まれたルキウス・アンナエウス・セネカ(ラテン語: Lucius Annaeus Seneca、紀元前1年頃 – 紀元後65年4月)の像がある。  (「Puerta de Almodóvar」より)]

[アルモドバル門周辺はかつてユダヤ人街でした。コルドバの旧市街の特徴を色濃く残し、小さな路地や広場、旧家や邸宅の数々の間をさまよえば、まるで中世にタイムスリップしたかのようです。  (「スペイン世界遺産:コルドバ歴史地区 | 海外旅行・海外ツアーは日本旅行」より)]

Puerta de Almodóvar – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がアルモドバル門で、カメラ北北西方向にルキウス・アンナエウス・セネカ像があります。

カメラ西方向がアルモドバル門で、カメラ南方向がフデイオス通りです。