コルドバの考古学と民族博物館

マーカーはコルドバの考古学と民族博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「コルドバの考古学と民族博物館

コルドバの考古学と民族博物館(Museo_Arqueológico_y_Etnológico_de_Córdoba)
[コルドバの考古学と民族博物館は、スペインコルドバのジェロニモ・パエス(Jerónimo Páez)広場にある、パエス·デ·カス(Páez de Castillejo)の宮殿にあり、先史時代から中世に至るまでの作品の大規模なコレクションを保有している。コルドバの考古学と民族博物館は1962年2月以降、スペインの歴史的遺産(Bien de interés cultural)に指定されている。
博物館の入り口・wikipedia-photo、ローマ劇場の遺跡をその場で保存・wikipedia-photo、アフロディーテのしゃがみ(レプリカ・紀元1世紀)・wikipedia-photo、雄牛を犠牲にするMithras(2世紀)・wikipedia-photo]

パエス·デ·カスティリェホ宮殿(Palacio de los Páez de Castillejo)
[パエス·デ·カスティリェホ宮殿は、古代の遺跡・ローマ劇場跡に建設されています。宮殿は、少なくとも15世紀から知られるムデハル様式の古い建物を利用して構築され、16世紀に大改造された。建物は、2つの中庭の周りに構成されている、まず南西に位置する一つ目の庭は、1559年まで遡る、中央に池をを配置する矩形庭園です。二つ目の庭は16世紀のイタリアルネサンス様式の庭で、一つ目の庭と二重のオープンアーチで接続されている。
ヘロニモ・パエス(Jerónimo Páez)広場に面するメインファサードは、1540年にエルナン·ルイスII(Hernán Ruiz II )によって設計されました。それは凱旋門として作られている:アクセスベイ(ドアや窓のために意図された壁の穴)が二組の英雄的な人物を置かれている間にある。
20世紀間に、特に考古学博物館が入居以来、何度か改修されました。]

[考古学民族学博物館(コルドバ)の主なファサード・画像リンク、考古学民族学博物館(コルドバ)の上からの眺め・画像リンク、考古学民族学博物館の間取り図(コルドバ)・画像リンク  (「Museo Arqueológico y Etnológico de Córdoba」より)]

ローマ劇場(Teatro romano)
[コルドバの考古学と民族博物館のある場所は、ローマ帝国の古代ローマ劇場のエリアの一部となっていた。コルドバのローマ劇場は、コロニア・パトリシア(Colonia Patricia)地方の最も重要な市民的な建物の一つで、124.3メートルの直径で約15,000人の観客が収容される、ローマ帝国で二番目に大きい劇場だった。ローママルケッルス劇場よりわずか5メートル小さく、メリダのローマ神殿より約30メートル大きかった。劇場は、西暦300年頃の地震で深刻な損傷を受ける紀元3世紀まで使用されていた。遺跡の一部がコルドバの考古学と民族博物館の北東側中庭で見ることができる。]

Palacio de los Paez de Castillejos – Google Map 画像リンク」「Museo Arqueológico – Google Map 画像リンク

コルドバの考古学と民族博物館のストリートビューで、カメラ東方向がパエス·デ·カスティリェホ宮殿ファサードで、博物館入口はカメラ北東方向になります。

パエス·デ·カスティリェホ宮殿ファサード前のストリートビューです。

コルドバの考古学と民族博物館のストリートビューです。

0階 – ローマ劇場の遺跡をその場で保存

0階 – 作者不詳『雄牛を犠牲にするMithras(2世紀)』前のストリートビューです。

-1階 – 遺跡地下歩廊のストリートビューです。

1階 – アフロディーテのしゃがみ(レプリカ・紀元1世紀)前のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*