サン・セバスチャン病院(観光案内所)

マーカーはカメラ位置です。

サン・セバスチャン病院(観光案内所)[Hospital de San Sebastián]
[サン·セバスティアンの旧病院はスペインコルドバの旧市街・メスキータの西でトリホス通り(Calle Torrijos)10番にあろ。
病院は14世紀、ペストなどの疫病が蔓延したことにより設立された。16世紀に、病院の拡大が計画され、カテドラルのカビルド(Cabildo Catedralicio)が所有権を持つコラル·デ·カルデナス(Corral de los Cárdenas)として知られた現在の場所に建築することになった。この新しい建物はルネッサンス建築の代表的な建築家エルナン・ルイス老によって、1512年 – 1516年に建設され、創業時から1724年までコルドバ市内最大の病院だった。
1816年、サン・ジャシント病院(Hospital de San Jacinto)と同じ場所にあったサン・ジャシント孤児院がこの建物に移設された。
1850年に建物が、コルドバの地方政府(Diputación Provincial de Córdoba)に買収されたが、建物の使用は1961年に停止され、20年近く放置された後の、1980年に改修され、パラシオ·デ·コングレ(Palacio de Congresos)となった。独立した入り口には古いチャペルとアンダルシアの観光案内所がある。
建物の中心は、ムーア建築回廊です。そして華やかなゴシック建築の礼拝堂とエルナン・ルイス老が1514年にデザインした、プラテレスコ様式のメインファサードがある。
現在のチャペルと観光案内所のファサード・画像リンク、中庭と回廊・画像リンク]

Palacio De Congresos Y Exposiciones De Córdoba – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がサン・セバスチャン病院(観光案内所)です。入り口上に観光案内所のマークが見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*