プエルタ·デル·リンコン

マーカーはプエルタ·デル·リンコンです。

プエルタ·デル·リンコン(Puerta del Rincón)
[プエルタ·デル·リンコンは、アルファロス通り(Calle Alfaros)に接続するプエルタ·デル·リンコン通り(Calle Puerta del Rincón)の北側終点付近にあった。現在は西側にタワープエルタ·デル·リンコン(Torre de la Puerta del Rincón)のみが残っている。【アルファロス通りとプエルタ·デル·リンコン通りの分岐点は、廷吏スロープ(Cuesta del Bailío)です。】
この門は、ローマ帝国属州になる以前の紀元前3世紀の最初の都市の城壁に囲まれた区域への6つの門の一つであった。
ムワッヒド朝(1130年 – 1269年)時代には既存の城壁とアヘルキーア(Axerquía)地域への新たな城壁の接続にタワープエルタ·デル·リンコンが利用された。
プエルタ·デル·リンコンは、1852年に取り壊された。現在保存されているタワープエルタ·デル·リンコンの状態は、最近改装されています。]

カメラ西南西方向がプエルタ·デル·リンコンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*