プラザ・デ・トロス・ロス・カリフ(闘牛場)

マーカーはプラザ・デ・トロス・ロス・カリフ(闘牛場)です。

プラザ・デ・トロス・ロス・カリフ(闘牛場)[Plaza de toros Los Califas]
[プラザ・デ・トロスは、スペインコルドバの闘牛場で、16,900人の収容能力を持ち、がんに対するスペイン協会(Asociación Española Contra el Cánce)の主催で、マタドール・マヌエル・ベニテス(通称エル・コルドベス・Manuel Benítez “El Cordobés“)やモンティホセ・マリア・アルバレス(José María Montilla Álvarez)が出演し1965年5月9日にオープンしました。
ロス・カリフ(Los Califas)の名前はアンダルシーア州の著名な5人のマタドール(LagartijoGuerritaMachaquitoManoleteEl Cordobés)に敬意を表して付けられた。マヌエル・ベニテス(El Cordobés)は、2002年に第5代の闘牛のカリフとなった。
2011年8月3日、この広場は、スペインフランスとのデビスカップ (Davis Cup)準決勝を主催するために指定されました。
「プラザ・デ・トロス・ロス・カリフ」・wikipedia-photo、「コルドバの闘牛場。2011年9月」・wikipedia-photo]

Los Califas Bullring – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がプラザ・デ・トロス・ロス・カリフ(闘牛場)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*