マルビウムの壁

マーカーはマルビウムの壁です。

マルビウム(Marrubial)の壁
[この城壁は、マルビウム大通り(Ronda del Marrubial)に沿って一部が現存する。この城壁は、アルモラヴィド朝(Almorávide・ムラービト朝・1040年 – 1147年)起源の城壁で、イスラム教徒の時代の東郊外諸地区(アッ・シャルキーヤ al・Sharqıya,スペイン語 Ajerquía)の東の境界であった​​。城壁の中にローマ帝国時代のネクロポリス(巨大な墓地)があった。
15世紀以降、この付近に、異端審問により異端判決宣告で火刑に処せられた処刑者を処刑するケマデーロ(quemadero・火刑場)があった。]

スペインの異端審問
スペインの異端審問(詳細は「スペイン異端審問」を参照)
[異端審問の歴史の中で特筆されるスペイン異端審問は中世の異端審問とはまた異なる性格を持つものである。15世紀の終わりになって、アラゴンのフェルナンド2世カスティーリャのイサベル1世の結婚に伴ってスペインに連合王国が成立した。当時のスペインにはキリスト教に改宗したイスラム教徒(モリスコ)やユダヤ教徒(マラノ)たちが多くいたため、国内の統一と安定において、このような人々が不安材料になると考えた王は、シクストゥス4世_(ローマ教皇)に対してスペイン国内での独自の異端審問機関の設置の許可を願った。これは教皇のコントロールを離れた独自の異端審問であり、異端審問が政治的に利用されることの危険性を察知した教皇は許可をためらったが、フェルナンド王は政治的恫喝によってこの許可をとりつけることに成功した。結果としてスペイン異端審問は多くの処刑者を生んだことで、異端審問の負のイメージを決定付け、キリスト教の歴史に暗い影を落とすことになった。  (wikipedia・異端審問より)]

Wall Marrubial – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がマルビウムの壁です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*