メスキータ(サン・ヴィセンテ博物館)

マーカーはサン・ヴィセンテ博物館です。

メスキータ関連ページリンク
メスキータメスキータ(アルミナールの塔)メスキータ(免罪の門、サンタ・カタリナの門、デァネスの門、オレンジの中庭)メスキータ(シュロの門)メスキータ(大聖堂)メスキータ(サン・パブロ礼拝堂、王室礼拝堂、ヴィジャヴィシオサ礼拝堂)メスキータ(ミフラーブ)メスキータ(サンタ・テレサ礼拝堂、宝物殿)メスキータ(サグラリオ教区教会)

メスキータ(サン・ヴィセンテ博物館)
[もともとこの地には西ゴート王国(415年 – 711年)時代に建設されたカトリック教会の聖ビセンテ教会が存在していた(現在ではメスキータ内部に一部その遺構が公開されている)。その後、イスラム勢力北アフリカからイベリア半島に侵入し後ウマイヤ朝(756年 – 1031年)を建国すると、この聖ビセンテ教会はイスラム教モスクとしても使用されるようになった。更に8世紀末にはイスラム教徒がキリスト教徒から聖ビセンテ教会を完全に買い取り、新たにモスクの建造を開始した。この時に建造されたモスクは、現在でも聖マリア大聖堂の一部として使用されている。  (wikipedia・メスキータより)]

[一部、サンヴィセンテ博物館エリアになっていて、西ゴート族による旧キリスト教寺院のモザイクの遺跡を紹介しています。どうやらイスラム教がこの地に介入する前のものでイスラム勢力に破壊されたものだそうです。  (「思いがけないケーキの味クイズ!&メスキータ内部2 IN CORDOBA …」より)]

コルドバのメスキータ-大聖堂 – Catedral de Córdoba

メスキータ見取り図

メスキータのストリートビューで、カメラ南南西方向がサン・ヴィセンテ博物館です。

サン・ヴィセンテ博物館のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*