ローマ時代の遺跡

マーカーはローマ時代の遺跡です。

ローマ時代の遺跡
[コルドバ市庁舎の横には、紀元前1世紀ごろのローマ遺跡。復元工事が行われ、神殿風の柱10本が建っていました。柱はコリント式の柱頭部分までですが、壁に掲示された完成予想図には、周囲を回廊で結び、その中央に立派な神殿が建てられることになっていました。  (「 スペイン東部11」より)]

[ヒスパーニア・バエティカは現在のスペインアンダルシア地方に相当する地域。元老院属州のひとつで、元老院の任命のもとでプロコンスルが統治した。
第二次ポエニ戦争後、ローマ帝国はこの地域を属州とした。当初はイベリア半島の属州は南方「ヒスパニア・キテリオル」と北方「ヒスパニア・ウルステリオル」という名で分割されていた。そして紀元前14年、アウグストゥスのローマ領再編で、イベリア半島の属州は3分割されて現在の「ヒスパニア・バエティカ」となった。なお、州都はコルドバに置かれた。
帝政時代にはこの属州はローマの中でも裕福な属州のひとつとなり、裕福な中流階層を生み出し、彼等のもとで解放奴隷などが活躍する土地となった。またこの土地は安全で軍隊の駐留はなく、ローマ軍は東隣のヒスパニア・タッラコネンシスに駐在するのが普通だった。また経済力の隆盛を背景に皇帝ウェスパシアヌスの治世には彼等の支持基盤を築こうと「投票権なしのローマ市民権」をこの地域の自由民全員に与えている。そして、初の属州出身皇帝トラヤヌス、続いて甥のハドリアヌスがこの地から登場する。しかしながら、409年になるとヴァンダル族に蹂躙され、ローマの属州ではなくなる。これ以降、東ローマ帝国による再支配(スパニア属州552-624)の期間を除くと、ゲルマン人の支配者を仰ぐこととなる。  (wikipedia・ヒスパーニア・バエティカより)]

Templo Romano – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がローマ時代の遺跡です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*