Portada De La Feria

マーカーはPortada De La Feriaです。

フェリア・デ・ラ・サルー(LA FERIA DE NUESTRA SEÑORA DE LA SALUD)
[春祭りと言えば、セビーヤの春祭りが有名ですが、ここコルドバでもほぼ同じ内容の祭りが毎年開催されています。コルドバの守護聖母サルーを奉ったお祭りで、5月後半に約10日間にわたって祝われます。 アンダルシアの典型的な祭りで、カセタと呼ばれるテント小屋が集まったところ(アレナル会場)が祭りの中心会場となり、飲んで、歌って、踊っての祭りが毎晩続きます。 特に、コルドバのカセタは全て誰でも入れ、コルドバ市民も、コルドバを訪れる人々も皆一緒に楽しめるようになっています。 又、フェリアにはつきものの闘牛もこの期間中連日開催されます。  (「コルドバの5月は祭りが満載 | スペインみつけた!」より)]

[バスに乗り、セビリアに向けて出発する。ローマ橋を通過してすぐ、フラメンコの衣装を着た女性たちが歩道を歩いていくのを見かけた。添乗員さんが今はお祭りの時期だからその会場へ向かうのだろうと教えてくれた。春祭りといえばセビリアが有名らしいが、コルドバでも『フェリア・デ・ラ・サルー』というほぼ同じ祭りが毎年5月後半に10日間にわたって開催されているそうだ。これはコルドバの守護聖母サルーを奉るもので、カセタと呼ばれるテント小屋が集まった場所が祭りの中心会場となり、毎晩飲んで歌って踊って楽しむもの。こういうお祭りにはつきものらしい闘牛も、期間中連日開催されるとか。ずいぶん賑わうんだろうなぁ。そして前方には、ヨーロッパには数少ないという遊園地が見えていた。そこがフェリア・デ・ラ・サルーの中心会場となっているようで、続々と人々が行き交っていた。  (「世界で唯一のメスキータ | 月の旅人 – 楽天ブログ」より)]

Fairground “El Arenal” – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がPortada De La Feriaで、フェリア・デ・ラ・サルー(LA FERIA DE NUESTRA SEÑORA DE LA SALUD)の会場となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*