アルハフェリア宮殿

マーカーはアルハフェリア宮殿です。

アルハフェリア宮殿(Palacio_de_la_Aljafería)
[1031年に後ウマイヤ朝(756年 – 1031年)が内乱で崩壊すると、a href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/タイファ”>タイファ諸国の一つであるサラゴサ王国(1018年 – 1110年)が成立し、タイファ・サラグスタ(アラビア語: طائفة سرقسطة‎、Taifa Saraqusta)というアラビア語名で呼ばれた。 トゥジービー朝(Banu_Tuyibí・1018年 – 1039年)、フード朝(Banu_Hud・1039年 – 1110年)。 最盛期の王アル=ムタディル(Al-Muqtadir・在位:1046年 – 1081年)は、現在のアリカンテタラゴナまで領土を広げた。11世紀後半には人口約25,000人を数え、西ヨーロッパ有数の都市となっていた。アルハフェリア宮殿が建てられたのはこの頃である。1110年にはタイファ・サラグスタはムラービト朝(1040年 – 1147年)に征服され、総督の支配下で自治を謳歌した。
1118年にサラゴサはアラゴン王国(1035年 – 1479年)のアルフォンソ1世(在位:1104年 – 1134年)に征服され、以降はアラゴン王国の首都となった。
アルハフェリア宮殿は、タイファ時代にイスラム君主によって建てられた城で、アラゴン王国の宮殿としても使われた。  (wikipedia・サラゴサより)]

[スペイン北東部、アラゴン州の都市サラゴサにある宮殿。イスラム支配時代の11世紀に建造。レコンキスタ(718年 – 1492年)後は教会に改築されたが、14世紀から15世紀にかけてアラゴン王、カトリック両王(フェルナンド5世イサベル1世・在位:1474年 – 1504年)の居城になった。イスラム文化を取り入れた中世スペイン建築の傑作として、2001年に「アラゴン州のムデハル様式の建造物」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。  (「アルハフェリア宮殿 とは – コトバンク」より)]

[アルハフェリア宮殿・wikipedia-photo、「アルハフェリアで最も古い建物・トルバドール(吟遊詩人)の塔」(3)・wikipedia-photo、アルハフェリア宮殿正門(2)・wikipedia-photo、トルバドールの塔一階の9~10世紀の馬蹄アーチ・wikipedia-photo、11世紀の多色の痕跡を保持アルハフェリアの黄金の間の紋様・wikipedia-photo、漆喰の多色幾何学的装飾パネルの再建・wikipedia-photo、黄金の間へのアクセスアーチ・wikipedia-photo、東の寝室のドアから黄金の間の天井を望む・wikipedia-photo、玄関アーチの柱廊・wikipedia-photo、モスクのホーム・wikipedia-photo、「礼拝堂の内部・ミフラーブの前。」・wikipedia-photo、「サンタ·イザベルの中庭(7)」・wikipedia-photo、南の柱廊アーチの詳細・wikipedia-photoマルティン1世_(アラゴン王)の紋章・wikipedia-photoムデハル様式のアーチパネル・wikipedia-photo、「カトリック両王の宮殿の貴族の部屋への廊下のアクセス。正面玄関の右前面にある。」・wikipedia-photo、階段室・wikipedia-photo、メインエントランスのアーチ詳細・wikipedia-photo、玉座の間の天井・wikipedia-photo]

アルハフェリア宮殿(「La Aljafería de Zaragoza – Aragón Mudéjar」より)

1.イスラム教徒の宮殿の壁、2.アルハフェリア宮殿正門、3.トルバドール(吟遊詩人)の塔、4.井戸水槽、5.北のポーチコルーム、6.礼拝堂またはモスク、7.サンタ·イザベルの中庭、8.南のポルチコ、9.聖マーティン教会、10.聖ジョージ礼拝堂、12.中庭、13.イザベルⅡ世の塔

アルハフェリア宮殿 – Google Map 画像リンク」「Cortes de Aragón – Google Map 画像リンク

アルハフェリア宮殿正面堀からのカメラ。

カメラ南西方向がアルハフェリア宮殿城門(2)です。

カメラ位置はアルハフェリア宮殿城門内です。

アルハフェリア宮殿サンタ·イザベルの中庭前ゴールデンホールのストリートビューです。

カメラ南方向がアルハフェリア宮殿サンタ·イザベルの中庭です。

アルハフェリア宮殿階段室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*