アルフォンソ1世通り

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    アルフォンソ1世通り
    [ピラール広場(Plaza del Pilar)とエル・コソ通り(El Coso)を結ぶように走るアルフォンソ1世通り(Calle Alfonso I・在位:1104年 – 1134年)は、サラゴサに来たら必ず訪ねておきたい場所です。この歩行者専用の通りには、カフェ、オフィス、バル、ファッションやジュエリーのショップのほか、地元の特産品やみやげものを扱う昔ながらの小さな店舗が軒を並べています。こうした店舗では、例えばアドキネス(adoquines)という地元の人気のスイーツや、チョコレートコーティングしたアラゴン産フルーツ、テルエルやムエルで作られた陶器などの手工芸品、アラゴンの民族衣装、さらに、サラゴサの街とアラゴン州の守護聖母であるピラールのマリアの像を描いた絵や置物などが手に入ります。  (「Zaragoza – Spain.info」より)]

    カメラ位置はピラール広場、ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂前で、カメラ南方向がアルフォンソ1世通りです。

    カメラ位置はアルフォンソ1世通り中央付近で、カメラ北東方向がヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂です。

    カメラ位置はコソ通りで、カメラ北東方向がアルフォンソ1世通りです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *