サラゴサ博物館(Museo de Zaragoza)

マーカーはサラゴサ博物館(Museo de Zaragoza)です。

[Google アートプロジェクト] – 「サラゴサ博物館(Museo de Zaragoza)

サラゴサ博物館(Museo de Zaragoza)
[1908年万国博覧会の旧パビリオンがこの博物館の建物となっており、2つの大きなセクションに分かれています。考古学と美術です。第1のセクションでは先史からイスラム教徒の時代(714年以降 – ウマイヤ朝、756年以後 – 後ウマイヤ朝、1031年以降 – タイファ諸国の一つであるサラゴサ王国(1018年 – 1110年))までの陳列品を展示しています。ラテン語と古代イベリア半島で使われた言語での刻印のある銅版、タラソナで見つかったアウグストゥスの頭、アルハフェリア宮殿の建築遺構などが特筆に値します。美術のセクションでは12世紀から現代までの作品が展示され、ゴシック絵画群とフランシスコ・デ・ゴヤの多くの作品が特に関心を呼びます。この博物館の別館としてプリモ・デ・リベラ公園内にもう2つのセクションがあります。カサ・デ・アルバラシンは陶磁器のセクション、そしてカサ・デ・アンソタナは民族学のセクションとなっています。  (「Zaragozaのサラゴサ博物館: スペインの美術館 |日本向けSpain ..」より)]

Zaragoza Museum – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がサラゴサ博物館(Museo de Zaragoza)です。