サルバドール大聖堂

マーカーはサルバドール大聖堂です。

サルバドール大聖堂
[サルバドール大聖堂はスペイン北東部、アラゴン州の都市サラゴサにある大聖堂。アラゴン地方の言葉で「ラ‐セオ」と呼ばれる。14世紀に建造され、ロマネスクムデハルチュリゲラ様式が混在する。後陣、礼拝堂、円蓋部分はイスラム文化を取り入れた中世スペイン建築の傑作として、2001年に「アラゴンのムデハル様式の建築物」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。  (「サラゴサ大聖堂 とは – コトバンク」より)]

[ラ・セオと呼ばれるサン・サルバドール大聖堂は多くの部分がゴシック様式の建物ですが、いくつもの建築様式が融合しています。併設されるタペストリー美術館には、フランスフランドル地方タペストリーが多数コレクションされています。  (「Train Zaragoza – レイルヨーロッパ」より)]

サルバドール大聖堂 – Google Map 画像リンク」「Cabildo Metropolitano De Zaragoza – Google Map 画像リンク」「Iglesia Parroquial del Salvador la Seo – Google Map 画像リンク」「Tapestry Museum – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がサルバドール大聖堂です。

サルバドール大聖堂東側のカメラです

サルバドール大聖堂内のカメラで、カメラ北方向柱陰に主祭壇があります。また、カメラ西方向がクワイヤで、クワイヤ上方にパイプオルガンがあります。

サルバドール大聖堂主祭壇での結婚式の360citiesです。

イスラム教支配時代
[714年以降、イスラム勢力[ウマイヤ朝(661年 – 750年)、後ウマイヤ朝(756年 – 1031年)]の支配下でバヌー・カースィー家(Banu_Qasi・714年 – 929年)がサラゴサを中心として独立した王国を築き、北部のピレネー山脈のキリスト教諸国との前線となった。
1031年に後ウマイヤ朝(756年 – 1031年)が内乱で崩壊すると、a href=”https://ja.wikipedia.org/wiki/タイファ”>タイファ諸国の一つであるサラゴサ王国(1018年 – 1110年)が成立し、タイファ・サラグスタ(アラビア語: طائفة سرقسطة‎、Taifa Saraqusta)というアラビア語名で呼ばれた。 トゥジービー朝(Banu_Tuyibí・1018年 – 1039年)、フード朝(Banu_Hud・1039年 – 1110年)。 最盛期の王アル=ムタディル(Al-Muqtadir・在位:1046年 – 1081年)は、現在のアリカンテタラゴナまで領土を広げた。11世紀後半には人口約25,000人を数え、西ヨーロッパ有数の都市となっていた。アルハフェリア宮殿が建てられたのはこの頃である。1110年にはタイファ・サラグスタはムラービト朝(1040年 – 1147年)に征服され、総督の支配下で自治を謳歌した。  (wikipedia・サラゴサより)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*