ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂

マーカーはヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂です。

ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂
[ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂 (Basílica de Nuestra Señora del Pilar de Zaragoza)は、スペインサラゴサのカトリック教会の聖堂。『柱上の聖母』こと聖母マリアに献堂されている。ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって『スペイン系の人々の母』と讃えられた。この聖堂は史上初めてマリアに捧げられた教会とみなされている。
地元の言い伝えによれば、この聖堂の歴史は、12使徒の一人でスペインにキリスト教をもたらしたヤコブの前にマリアが姿を現したという逸話に始まる。これは聖母の被昇天以前にマリアが出現した唯一の例として知られる。
多くのスペイン王や他国の支配者と聖人たちがこの『柱上のマリア』に奉献した。聖ヨハネ聖テレサイグナチオ・ロヨラ福者ギヨーム・シャミナードらが顕著な人物である。ピラールはサラゴサ市内にある2つの小バシリカのうちの1つである。近隣にはサルバドール・デ・サラゴサ聖堂がある。ピラールはバロック様式で、現在の建物は1681年から1872年の間に建てられた。
ピラールの出現
古くからの地元の言い伝えでは、キリストの磔と復活の後、ヤコブはスペインに福音書をもたらしたが、伝道に失敗し彼は意気消沈してしまった。言い伝えでは紀元40年1月2日、 彼がエブロ川の岸辺で深く祈りを捧げていると、神の母が彼の前に出現し、自分自身を模した小さな木像と碧玉の柱を与え、彼に教会を建てるよう命じた。::『この地は私の家となる、この像と円柱はお前の建てる祭壇と建物の名前とするように。』
最初の礼拝堂
出現から1年後、ヤコブはマリアを讃える小さな礼拝堂を建てる準備を整えた。最初の教会は処女マリアへ捧げられた。エルサレムへ戻った後、彼は44年頃にアグリッパ1世によって処刑され、12使徒で初めての信仰の殉教者となった。彼の弟子数名が彼の遺体を引き取り、スペインの最終的な埋葬地へ連れ帰った。 この最初の礼拝堂は、他のキリスト教建築物の多くと同様にすぐに壊された。しかしマリア像と円柱はサラゴサ市民が守って無傷のままであった。
ロマネスク様式の教会
その後現在の聖堂の位置に多くの教会が建てられた。聖ヤコブの建てたちっぽけな礼拝堂はのちのコンスタンティヌス帝時代にバシリカに似た建築となった。その直後にロマネスク様式に建て替えられ、その後にゴシック様式ムデハル様式に改築された。今も深く崇拝されるサラゴサの礼拝堂の多くは1118年、アルフォンソ1世によってキリスト教徒のレコンキスタが始まった時に作られたと推測される。教会は、ペドロ・デ・リブラナが司教職を勤めた期間にロマネスク様式で建てられた。彼は、サラゴサで聖母への感謝状の最も古い記載を残した人物として名を残した。このロマネスク様式の教会で今も残るのは、南壁のティンパヌム(アーチ下の半円壁)である。
ゴシック様式
1434年の火事でロマネスク様式の教会は損傷し、ムデハル=ゴシック様式で再建が始まった。ゴシック様式の教会は15世紀に建てられた。今では聖歌隊席とダミアン・フォルメントが作った石膏の祭壇衝立を含む数カ所だけが無傷のままあるいは修復されて残っている。
現在の教会
現在の広々としたバロック様式の教会は、1681年にスペイン王カルロス2世により建設が始まり、1686年に完成した。建設当初はフェリペ・サンチェスが監督し、のちにドン・ファン・デ・アウストリアのもとで小フランシスコ・エレーラにより修正された。1725年、サラゴサのカビルド(協議会)が聖なる礼拝堂の外観変更を決め、建築家ベントゥラ・ロドリゲスに設計を依頼した。彼は聖堂を現在の高さ130メートル、幅67メートルの大きさに一変させ、11の小尖塔と4つの大塔を加えた。現在最も観光客が訪れる箇所は、ロドリゲスが1754年に建てた、聖母マリアの像を納めた礼拝堂のある礼拝堂東部分である。礼拝堂周囲は、フランシスコ・デ・ゴヤの描いたヴォールト(穹窿)やドームに囲まれている。1718年には聖堂は完全にヴォ−ルトで覆われたが、主ドームと最後の尖塔が完成しこれらのヴォールトの最終的な手入れが終わったのは1872年である。
1936年から1939年までのスペイン内戦の間、三つの爆弾が教会に落とされたが、どれも不発であった。
柱とマリア像
像は木製で高さ39センチであり、碧石の円柱に載っている。言い伝えによるとアグレダのマリアに対し出現した聖母は、夜中に天使たちの手で雲に乗ってサラゴサに運ばれたという。天使たちは旅の間に、大理石で柱と聖母のミニチュア像を建てたという。聖母はヤコブに預言を伝え、自分が出現した地に教会を建てるよう頼んだ。柱と像は、祭壇衝立の一部となっている。1905年、聖母像にグリニ侯がデザインした冠が被せられた。冠は45万ペセタ(1910年当時18,750ポンド)もの値打ちがあった。
「ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂」・wikipedia-photo、夜のバシリカ・wikipedia-photo  (wikipedia・ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂より)]

ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂 – Google Map 画像リンク」「Museo Pilarista – Google Map 画像リンク」「Torre del Pilar – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂です。

エストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂入場口前のカメラです。

ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂身廊のカメラです。

ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂主祭壇前のカメラです。

ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂・聖ヨハネの礼拝堂(Capilla de San Juan Bautista)のカメラです。カメラ北北東方向回廊途中に「聖母の礼拝堂」があります。(「柱の聖母 – マリアニスト家族」より)]

カメラ北北東方向が「聖母の礼拝堂」で、カメラ南東方向に聖ヨハネの礼拝堂(Capilla de San Juan Bautista)が見えます。奇跡の聖母像は中央大ドームの下に安置されています。

「聖母の礼拝堂」祭壇左側の360citiesです。

ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂・「聖母の礼拝堂」祭壇前のカメラで、祭壇右に木彫りの聖母像(高さ39㎝)があり、宝石や装飾品で飾られ、装飾された円錐台の上に置かれている。(「奇蹟のピラール聖母教会に佇む!|学芸員・大沢の研究ノート~支倉常長 …」より)]

マントを付けたピラールの聖母の木像。このマントは紙製である。(wikipedia・ピラールの聖母より)

360citiesの位置は「聖母の礼拝堂」裏側で、初期設定方向が「至聖の柱」になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*