プリモ・デ・リベラ公園

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    プリモ・デ・リベラ公園
    [プリモ・デ・リベラ公園は2008年サラゴザ国際博覧会開催に合わせオープンしたサラゴサ市の都市公園です。博覧会のテーマはテーマは「水と持続可能な開発(Water and Sustainable Development)」、サブテーマは「水─限りある資源(Water,a unique resource) 」「生命の源である水(Water for life)」「水のある風景(Waterscapes)」「水─人々をつなぐ要素(Shered water)」で開催され、公園はそのテーマに沿って水がメィンとなっています。]

    [サラゴサ歴史地区散策で歩き疲れた体を回復させるにはやはり食事が一番です。市内にたくさんあるレストランで地元グルメに挑戦してみましょう。ランチを満喫したら街歩きを再開。次の目的地はプリモ・デ・リベラ公園(Parque Primo de Rivera)です。サラゴサ市民の憩いの場であるこの公園は、その一画がオープンエア・ミュージアムです。園内の遊歩道や庭園を歩けば、「戦士王」アルフォンソ1世(在位:1104年 – 1134年)の像をはじめさまざまなモニュメントに出会えます。  (「スペイン, AragónのZaragoza で観光 |日本向けSpain.info」より)

    Botánico – Estación Meteorológica AEMET – Google Map 画像リンク」「Monumento al Rey Alfonso I El Batallador – Google Map 画像リンク」「TREN CHUCHU ZARAGOZA – Google Map 画像リンク

    カメラ南南東方向がメイン園路です。(カメラ位置-1)

    (カメラ位置-2)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *