トレド駅

マーカーはトレド駅です。

[建築家ナルシソ・クラベリアが設計し、1920年に開通しました。長方形の空間に2つの室があるこの建物は、アラブ式デザインの影響を受けたタイルや漆喰細工のほか、煉瓦、石、漆喰、陶器、鉄、木材など異なる素材の組み合わせが調和した装飾など、アラブの宮殿の雰囲気を見事に再現しています。時計台はトレドの典型的な塔に似せて作られており、その下の待合室には、かつて、アルフォンソ13世が鉄道でトレドに国賓を連れてくるのが習わしだったため、王室サロンがありました。  (「鉄道駅 – Toledo」より)]

[トレドまでは、マドリードアトーチャ駅から1日10便程度、高速列車のAVEが運行されており、トレドまでは40分弱で到着する。ただしトレドの駅は町の中心から少し離れた場所にあるので、町の中心までは、バスを利用するか歩いていくことになる。  (wikitravel・トレド_(スペイン)より)]

Toledo – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がトレド駅です。

トレド駅待合室のカメラです。

トレド駅ホームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*