巨大エスカレーター

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    巨大エスカレーター
    [レカレドの散歩道(Paseo del Recaredo)に建設された巨大エスカレーターは、新市街と旧市街の距離を近づけました。
    エスカレーターの頂上となる地方議会堂の建つ丘から、広がり続ける新市街の風景を楽しむことも可能にしました。
    レカレド地区のエスカレーターは、アラブ時代(ウマイヤ朝・661年 – 750年、後ウマイヤ朝・756年 – 1031年)の城壁沿いに、環境と調和するように建設されたこと自体、画期的なことでした。またソコドベール広場へ通じるタホ川沿いのサフォント地区には、第2の巨大エスカレーターも作られ、トレドバス・ステーションとスペイン高速列車AVEが発着するトレド駅への近道になっています。
    旧市街への急な坂道への歩行を助けるこれら2本の巨大エスカレーターは、街の交通手段や渋滞を改善するのに役立っています。また、いずれも大型地下駐車場も兼ね備えています。
    ビサグラ旧門(アルフォンソ6世門)に近いレカレド地区の巨大エスカレーターも、サフォント地区の巨大エスカレーターも、旧市街の遺跡や歴史的重要文化財の風景と見事に融合しながら、古都トレドを現代化する上で重要な役割を果たしています。  (「トレドのモビリティ・巨大エスカレーター – Toled」より)]

    Toledo escalator – Google Map 画像リンク」「Mirador de La Granja – Google Map 画像リンク

    カメラ南方向が巨大エスカレーター麓です。

    カメラ北北西方向が巨大エスカレーター山頂部で、カメラ南東方向がトレド県議会で観光案内所があります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *