サン・ロレンソ教会、大能の御父イエズスのバシリカ

マーカーはサン・ロレンソ教会(Iglesia de San Lorenzo)です。

サン・ロレンソ教会(Iglesia de San Lorenzo)

大能の御父イエズスのバシリカ
[大能(たいのう)の御父(おんちち)イエズスのバシリカ (la Basilica de Nuestro Padre Jesus del Gran Poder) は、スペイン本土の南西端に近いセビリアのサン・ロレンソ広場に、教区教会サン・ロレンソ (la Parroquia de San Lorenzo) に接して建つネオバロック様式聖堂です。サン・ロレンソは13世紀に建てられ、16世紀にバロックムデハル様式に改築された古い聖堂ですが、大能の御父イエズスのバシリカは 1965年に建てられた新しい聖堂で、いずれもセビジャの建築家であるアルベルト・バルボンティン・デ・オルタ (Alberto Balbontin de Orta, 1903 – 1972) とアントニオ・デルガド・イ・ロイグ (Antonio Delgado y Roig, 1902 – 2002) の設計に基づきます。バシリカ内部の構造はローマに現存するハドリアヌスのパンテオンを参考にしています。
 バシリカ内部には「セビジャの主」(Senor de Sevilla) とも呼ばれて市民の崇敬を集める聖像、「大能の御父イエズス」(Nuestro Padre Jesus del Gran Poder) があります。これは受難のイエズス・キリストが十字架を肩に担いで歩む様子を、生々しいまでに写実的に表したバロック彫刻で、フアン・デ・メサ (Juan de Mesa y Velasco, 1583 – 1627) が1620年に製作したものです。「大能の御父イエズス」の像は、写実的な絵画や彫刻を文盲の民衆への宗教教育に役立てるというトリエント公会議(1545 – 1563年)の考え方に沿って製作されています。この像は聖金曜日の朝に行われる行列「ラ・マドルガ」(La Madruga) に加わります。  (「大能の御父イエズスのバシリカ – アンティーク アナスタシア」より)]

Iglesia de San Lorenzo, Sevilla – Google Map 画像リンク」、「Basilica of Jesus del Gran Poder – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がサン・ロレンソ教会で、その右・カメラ東方向に大能の御父イエズスのバシリカがあります。

サン・ロレンソ教会内のカメラです。

カメラ東北東方向が大能の御父イエズスのバシリカです。

大能の御父イエズスのバシリカ内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*