セビリア大学(旧タバコ工場)

マーカーはセビリア大学です。

セビリア大学(旧タバコ工場)
[セビリア大学 (Universidad de Sevilla) とは、スペインのセビリアにある公立の大学。2004年の時点で全キャンパスに合計73,350人の学生が在籍し、スペイン国内に現存する大学としては2番目に多い学生数を誇っている。セビリア大学は15世紀末に助祭長マエセ・ロドリゴ・フェルナンデス・デ・サンタエリャが設立したサンタ・マリア・デ・ヘスス学院を源流に持つ。1505年、セビリア大学においてユリウス2世_(ローマ教皇)の大勅書により神学、哲学、法学、薬学、人文科学の学位を授けることが認められた。1551年、セビリアの評議会によって総合学術機関の地位を認められ、正式に大学となった。
セビリア大学の本館は、1950年代までタバコ工場として使用されていたことにちなんで「旧タバコ工場」と呼ばれている。この壮麗な建物はジョルジュ・ビゼーの「カルメン_(オペラ)」で、カルメンが働いていたタバコ工場としても知られる。この建物には文学・言語史学研究科、地理・歴史学研究科、法学研究科が入っている。またセビリア市内にはほかの学部が点在しており、マカレナには健康科学研究科が、ネルビオンにはビジネス研究科が、カルトゥーハには工学研究科とコミュニケーション研究科が、レイナ・メルセデスには理学研究科がある。 (wikipedia・セビリア大学より]

Royal Tobacco Factory – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がセビリア大学(旧タバコ工場)です。

セビリア大学エントランスホールのカメラです。

セビリア大学エントランスホールに続く中庭のカメラです。

セビリア大学中央にある中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*