セビリア大聖堂(ヒラルダの塔)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    セビリア大聖堂(ヒラルダの塔)
    [イスラム支配の終焉により、モスクカテドラルに変えたのが最初で、1402年に建設が始まり、16世紀に完成した。そのためゴシックネオ・ゴシックルネサンスの様式が混在しています。幅76m、奥行き116mで、カトリック大聖堂としては世界一大きい(サン・ピエトロ大聖堂を除く)。中央礼拝堂には世界最大の木製祭壇や、スペイン4王の像に担がれた航海王クリストファー・コロンブスの棺があります。ヒラルダの塔は、カテドラルの東側に建つ高さ98mの四角い塔です。12世紀末に建てられたイスラームミナレットで、モスク取り壊しの際にこれだけ鐘楼として残されたものです。高さ70mのところに展望台があり、階段ではなく緩やかなスロープで登るようになっています。  (「スペインの観光地」より)]

    [セビリア大聖堂とは、スペインのセビリアにあるカテドラルである。スペイン最大といわれているがトレド大聖堂も同様に自らをスペイン最大と称している。どちらが大きいかの決着はついていないが、スペイン最大の大聖堂は世界で3位の大きさの大聖堂であることは決定している。ちなみに1位はローマのサン・ピエトロ大聖堂、2位はロンドンのセント・ポール大聖堂である。レコンキスタ以前はこの地には巨大なモスクが立っていたといわれている。ヒラルダの塔はかつてはモスクの尖塔であった。モスクを破壊したあとに教会が建てられているが、建物自体にモスクの名残がいくつかみられる。例えば、免罪の門から入った場合は教会に入る前に中庭が存在するといったところである。見所としてはクリストファー・コロンブスの墓などがあげられる。
    セビリア大聖堂・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo、セビリア大聖堂の内装・wikipedia-photo、セビリア大聖堂のコロンブスの墓・wikipedia-photo、ヒラルダの塔・wikipedia-photo  (wikipedia・セビリア大聖堂より)]

    セビリア大聖堂 – Google Map 画像リンク」、「ヒラルダ – Google Map 画像リンク」、「Puerta del Perdón y Patio de los Naranjos – Google Map 画像リンク」、「Puerta del Perdon – Google Map 画像リンク」、「Puerta de La Asunción – Google Map 画像リンク」、「Réplica del Giraldillo – Google Map 画像リンク」、「Puerta del Príncipe – Google Map 画像リンク」、「Tumba de Cristobal Colon – Google Map 画像リンク」、「Museum and Treasury of Seville Cathedral – Google Map 画像リンク

    カメラ東方向が正面ゲート・王の扉です。

    カメラ北方向がサン・クリストバルの扉でセビリア大聖堂の正面入り口です。

    カメラ西方向がセビリア大聖堂パロスの門で、その左側が王室礼拝堂の裏手で、右側がヒラルダの塔です。

    カメラ南西方向がラガルトの門で、門を抜けるとオレンジの中庭です。

    カメラ南方向が免罪の門で、門を抜けるとオレンジの中庭です。

    カメラ南方向がクリストファー・コロンブスの棺で、カメラ北方向が主礼拝堂になります。カメラ北方向右が世界一大きい木製祭壇で、カメラ左が聖職者席です。

    カメラ位置は王室礼拝堂です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *