レブリハ伯爵宮殿

マーカーはレブリハ伯爵宮殿です。

レブリハ伯爵宮殿
[セビリアの歴史的中心地のクーナ通りに位置するレブリハ伯爵宮殿はこの町で最も壮大な建物の1つです。この宮殿には多くの驚くべき特徴があり、いくつかの素晴らしい彫像、古代ローマ時代のモザイク模様、数多くの美しい美術様式が含まれます。また、この宮殿はこの複合施設の中心の美しい中庭も自慢としています。 (「セビリア旅行ガイド」より)]

[もともと16cに建てられた建物をレブリハ伯爵夫人が1901年に購入し、十数年に渡って修復、改築し、趣味のコレクションで埋め尽くし、飾り立て、作りこんでいった邸宅です。
入場料は一階、二階両方で8ユーロ。一階だけなら5ユーロ(2012年現在)。一階は自由に見られますが、二階は決まった時間に行われるガイドツアーにのらないと見られません。ガイドはスペイン語、英語他、ヨーロッパのいくつかの言語でやってくれるようです。日本語はなし。写真撮影は一階オーケー、二階不可。  (「’12 スペイン旅行記6日目(May18) (7)レブリハ宮殿 : コシバ日記」より)]

[レブリハ伯爵宮殿ホームページ

歴史好き、美術好き必見!セビリアの家庭的博物館|セビリア(スペイン)

[レブリハ伯爵宮殿玄関ドア・wikipedia-photo]

Palacio de la Condesa de Lebrija – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がレブリハ伯爵宮殿です。

レブリハ伯爵宮殿内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*