カンプ・ノウ

マーカーはカンプ・ノウです。

カンプ・ノウ
[カンプ・ノウ (Camp Nou, カタルーニャ語読みのカム・ノウ [kám nɔw]で呼ばれることが多い) は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナにあるサッカー専用スタジアム。かつて正式名称はEstadi del Futbol Club Barcelonaだったが、2000年にカンプ・ノウが正式名称となった。1957年9月24日完成。リーガ・エスパニョーラに所属するFCバルセロナのホームスタジアム。名選手ラディスラオ・クバラサンドール・コチシュ、ラモン・ビジャベルデ、エバリストらの1950年代FCバルセロナ黄金期に、その人気の後押しを受け建設された。Camp Nouとはカタルーニャ語で(以前使用していたスタジアム「ラス・コルツ」Les Cortsと比較して)「新しいスタジアム」と言う意味である。収容人数は欧州最大の98,600人。1982_FIFAワールドカップでも使用された。 UEFAが選定するスタジアムのレベルも最高クラスであり、過去には1999年にUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦がここで行われた。(カンプ・ノウの奇跡) スタンドの景観はもとよりピッチの水捌けまで計算されている。 ピッチは肉眼では分からない位アンジュレーションが付いていてほんのわずかだけ真ん中が高く、外に行くにつれてだんだん低くなる設計がされており水が流れ出るようになっている。 スタンドについては一階以外はどの角度から見ても全体を見渡せるようになっている。ワールドカップ開催に併せて収容人数を約12万人に増やしたが、90年代に入りFIFAの規則に従って98,600人に縮小した。
「カンプ・ノウ」・wikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・カンプ・ノウより)]

カンプ ノウ – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がカンプ・ノウです。

カメラ位置はカンプ・ノウ、フィールド内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*