ピカソ美術館

マーカーはピカソ美術館です。

ピカソ美術館(英語:Museu Picasso、スペイン語:Museo Picasso de Barcelona)
[パブロ・ピカソの初期の余り知られていない作品が展示されている。モンカダ通りにある。  (wikipedia・バルセロナより)]

[スペイン南部のマラガに生まれたピカソは、青年時代をバルセロナで過ごした。その頃描かれた油彩やデッサンを所蔵しており、ピカソのルーツを探ることができる貴重な美術館だ。また晩年の作品や版画なども展示され、常に変わり続ける天才画家の軌跡をたどることができる。  (「地球の歩き方」より)]

[ピカソ美術館 (カタルーニャ語: Museu Picasso) は、スペイン・バルセロナのゴシック地区にある美術館。パブロ・ピカソの友人で秘書を務めたジャウメ・サバルテスの個人コレクションとバルセロナ市所蔵のピカソ作品を基礎に1963年に開館、のちに画家本人やその家族・友人からの寄贈を受け、さらにコレクションを拡大した。ピカソの幼少期から「青の時代」の作品群、ディエゴ・ベラスケスの名作「ラス・メニーナス」を題材とした連作などがある。
ピカソ美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・ピカソ美術館 (バルセロナ)より)]

ピカソ美術館ホームページ」 – 「傑出した作品

ピカソ美術館、1階:美術館の出入口平面図(「ピカソ美術館(バルセロナ)に行こう!アクセス、無料開館日」より)]

ピカソ美術館 – Google Map 画像リンク

平面図 13 -ピカソ美術館特別展の入口、アートチケットの入口です。

ピカソ美術館特別展の入口、アートチケットの入口ホールのカメラです。

平面図 11 -ピカソ美術館一般の観光客の入口のカメラで、入った矢印方向がチケット売り場です。

ピカソ美術館展示室のカメラです。

ピカソ作『科学と慈善(Ciència i caritat)』(1897年)
[バルセロナの美術学校に入学してから、約2年間の間に描かれた作品です。15歳の時に手掛けた「初聖体拝受」や、「科学と慈愛」は数々の展覧会で賞を取りました。その他にも、父親や母親の肖像画や、ピカソの自画像などの肖像画も展示されています。  (「ピカソ美術館(バルセロナ)の見どころを紹介。展示品や …」より)]

ピカソ作『自画像』(1896年)(ピカソ美術館 – 傑出した作品)

『初聖体拝受』(1896年)(Google Map 画像)

ピカソ美術館出口ホール 2 階のカメラです。

ピカソ美術館出口ホールのカメラです。

平面図 6 -カメラ東北東方向がピカソ美術館出口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*